スキップしてナビゲーションへ

ヨーロッパ行きフライトとホリデー

ヨーロッパへようこそ

直前に手配するヨーロッパへのシティブレイクで、文化や歴史、リラックスした魅力をご満喫ください。または、地中海でのビーチ・ホリデーで太陽の光をお楽しみください。弊社の手荷物のみの運賃をご利用になるか、フライトとホテルを一緒にご予約になって保証付きの節約をお楽しみください。弊社では、お客様の期待を超えたヨーロッパでのホリデーを叶えます。

We couldn’t find any content to match your selection. Please try again.

マドリードへのフライト

出発地JPY58000 return

出発地 東京2019年1月

ヨーロッパ行きフライトを探す

プラハ行きフライト

出発地JPY58000 return

出発地 東京2019年1月

ヨーロッパ行きフライトを探す

パリへのフライト

出発地JPY58000 return

出発地 東京2019年1月

ヨーロッパ行きフライトを探す

Flights to Barcelona

出発地JPY58000 return

出発地 東京2019年1月

ヨーロッパ行きフライトを探す

アルバニア

手つかずの自然が残るアルバニアのアルプス山脈をご探検ください。あるいはアドリア海やイオニア海沿いのヴロラやデルミといった、アルバニアの自然そのものの砂浜でのホリデーはいかがでしょう。長年景観が変わることのない村や町を訪れて、バーやレストランで地元産のラキ(すももと葡萄から作られるアルコール度数の高い食前酒)を楽しむのも良いでしょう。

Albania travel guide

アンドラ

ピレネー山脈に位置する小公国、アンドラは、スペインとフランスの間にあります。フランスおよびスペインとの関係が深い同国では、フランス語とスペイン語の両方が公用語として用いられているほか、文化や料理においても両国の影響が強く表れています。スキー場が豊富にあるアンドラは、ピレネー山脈随一のリゾートを擁しており、絵に描いたような山の風景に惹きつけられた多くのファンたちを楽しませています。

アンドラ

オーストリア

オーストリアは小さな国ですが、壮大なハプスブルク城や山々に囲まれた草原など、多彩な魅力に溢れています。 シャンデリアの明かりが灯るカフェでホイップクリームを浮かべたウィンナー・コーヒーを楽しんだり、急成長するリンツでは現代美術館を訪れてみてください。 オーストリアの大自然を満喫するなら、チロル地方を訪れてアルプスの雪山でスキーを楽しんだり、山小屋やアフタースキーをお楽しみください。

Austria travel guide

ベルギー

ベルギーは、フランス語とフラマン語の2つの言語を公用語とし、2つの異なる文化を体験することができます。 世界各国のダイヤモンド交易の中心であるアントワープとチョコレートで有名なブリュッセルでは石畳の道を散歩したり、中世の広場でランビックビールを飲みながら一息ついてください。 フランドル地方の海岸沿いに広がる砂浜や砂丘、国内全域に張り巡らせた水路など、ベルギーならではの景観をお楽しみください。

Belgium travel guide

ブルガリア

首都ソフィアにあるビザンティン様式の教会やお洒落なブティック、プロヴディフの美しい旧市街を訪れてみてください。 それから、ブルガリアの山奥にひっそり佇む修道院や伝統を受け継ぐ村々を訪れてください。 ブルガリアでは雪山からビーチまでまとめて体験することができます。黒海沿岸のビーチを訪れるならヴァルナとブルガスがお勧めです。一方、バンスコとパムポロヴォはスキーリゾートとして急成長しています。 バルカンの歴史について学んだり、ブルガリアの伝統音楽をじっくりとお楽しみください。

Bulgaria travel guide

クロアチア

クロアチア旅行では、アドリア海沿岸の山々やダルマチア諸島を訪れてください。 中世の城壁に囲まれたドゥブロヴニクやフヴァル島をお見逃しなく。どちらもクロアチアで最も人気のある観光地です。 そこから北上してトリュフやワインで有名なイストリア半島を訪れるか、内陸に向かってクロアチアの首都ザグレブを訪れてください。 アドリア海沿岸に面したダルマチア地方の宝石スプリトでは、ノスタルジックな旧市街を散策してください。 あるいは、マカルスカ・リビエラの美しい砂浜でリラックスしてください。

Croatia travel guide

キプロス

愛と美と性を司るギリシア神話の女神アプロディーテーに魅せられてください。 ラルナカに飛行機で到着したら、キプロスにある岩の岬ケープグレコで透き通った海を泳ぐ色鮮やかな魚を見つけたり、日光浴を楽しむ観光客で賑わう人気のリゾート地アギアナパにあるニッシビーチを訪れてください。 ヴェネツィア時代に建設された城壁に囲まれた首都ニコシアを訪れたり、パフォスのリゾート区域ではローマ時代のモザイク画や装飾が施された建物を見て回ってください。 ラッチの漁港にあるギリシャ料理レストランで新鮮な魚介類をふんだんに使ったお食事をお楽しみください。

Cyprus travel guide

チェコ共和国

有名人が集まるカルロヴィ・ヴァリのスパから、雪に覆われたクルコノシェ山脈やプルゼニの有名なピルスナー・ウルケルビールまで、チェコ共和国の楽しみ方はたくさんあります。 チェコ共和国を訪れるなら、石畳のフランチャヌィ広場や壮大なプラハ城があるプラハは見逃せません。 ユネスコの世界遺産に登録されているチェスキー・クルムロフの美しい町も是非訪れてください。

Czech Republic travel guide

デンマーク

デンマークはユトランド半島とその周辺にある400の島々から構成されています。ユニークな航海の歴史、北欧の新鮮な空気とペースの速い都市部の生活を体験してください。国際色豊かな首都コペンハーゲンでは、アマリエンボー宮殿を訪れてデンマーク王室の歴史と伝統について学び、デンマーク国立博物館ではヴァイキング時代の歴史について学んでください。

Denmark travel guide

エストニア

以前はソ連に属していたエストニアには、バルト地域の美しさがあふれています。首都タリンへのホリデーに出かけましょう。ユネスコの世界遺産に登録されている、この小塔のあるおとぎ話の中に出てきそうな都市へは、フィンランドのヘルシンキからフェリーで簡単にアクセスできます。2番目に大きな都市であるタルトゥは美しさと歴史、活気を備えています。ルクセンブルクと同じくらいの広さをもつ、野性味にあふれたサーレマー島を訪れてみましょう。美しい自然のほかに、ぽつんと佇む灯台や、倒れそうな風車、素晴らしいスパをお楽しみいただけます。

エストニアの旅行ガイド

フィンランド

フィンランドの広大な荒野、湖、北極圏に近い国々でしか見られない不思議な現象を体験してください。もちろん、洗練されたフィンランドの都市部も訪れてみてください。 真夜中でも太陽が沈まない白夜やオーロラ現象を観察したり、凍てつく厳しい大自然を体験してください。 フィンランドの大自然とは対照的な首都ヘルシンキを訪れたり、フィンランド第2の都市タンペレでは刺激的な地元の文化を体験してください。 フィンランドはサンタクロースや作家トーベ・ヤンソンの童話でお馴染みのムーミンの故郷としても知られ、家族連れに人気があります。

Finland travel guide

フランス

世界的に有名なパリのルーブル美術館や、ブルターニュ地方の風にさらされたビーチなど、フランスはとても刺激的な国です。 中世の歴史が甦るストラスブールの石畳の道を散歩したり、シャモニーでスキーをお楽しみください。 ラベンダー色に染まるプロヴァンス地方は、画家ポール・セザンヌの故郷として有名です。アミアンでは、古典的なゴシック様式建築物の傑作として知られるアミアン大聖堂から鐘が鳴り響きます。

フランスの旅行ガイド

ドイツ

「ドイツ」と聞いて連想するものは、ベルリンのブランデンブルク門、いつも大勢の客で賑わうミュンヘンのビアホール、ブラックフォレストケーキでしょう。 ドイツの魅力はまだまだたくさんあります。 グリム童話の舞台となった小さな村を探したり、地元の美味しい料理や豊かな文化を体験して、ドイツの素顔に迫ってください。

ドイツの旅行ガイド

ジブラルタル

アフリカ北部に面したジブラルタルは、英国よりも英国らしさが感じられます。 アンダルシア地方の海岸線に突き出した岩だらけの小半島を占有するジブラルタルは、1713年に正式に英国の海外領土として認められて以来、町のあちこちに英国式のティールーム、パブ、赤い郵便ポストがあります。

Gibraltar travel guide

ギリシャ

ギリシャへ旅行して、アテネで古代ギリシャの遺跡を訪れたり、ギリシャ第2の都市テッサロニキでビザンティン時代の建築物を訪れてください。 ギリシャ北部の僻地にあるメテオラ修道院群を訪れてください。 ギリシャのロードス島とコス島では太陽が降り注ぐビーチと静かな村落、活気溢れるリゾートが待っています。 クレタ島とコルフ島の自然の美しさと伝統的な魅力に心を奪われることでしょう。

Greece travel guide

オランダ

Drive through flower-strewn lowlands and pass picturesque canals to funky capital Amsterdam with its exciting blend of culture, history and late-night partying. Or mingle in the hip bars and contemporary design shops of buzzing second city Rotterdam and you'll soon admire how the Netherlands combines the best of the old and the new.

オランダの旅行ガイド。

ハンガリー

北部の山地部や南部の平野部など、ハンガリーの田園風景をお楽しみください。 古代ローマ時代の遺跡や要塞都市、あちこちの村や町に今でも残る共産党独裁時代の建物を訪れてハンガリーの歴史を学んでください。 ブダペストではスパリゾートで日頃の疲れを癒し、ハンガリー料理を代表するグヤーシュ(パプリカをふんだんにつかったビーフシチュー)を試してみてください。

Hungary travel guide

アイスランド

素晴らしい自然に恵まれたアイスランドは、訪れる者の期待を裏切ることはありません。 ゴールデンサークルを訪れて滝や間欠泉をご覧ください。 あるいは、ブルーラグーンにある有名なジオサーマルプール(地熱を利用した温泉プール)に浸かっておくつろぎください。 その後、世界最北の首都レイキャビクを訪れて、この美しい国際的都市の魅力を満喫してください。

Iceland travel guide

イタリア

Italy is a trove of historical treasures – from the Colosseum in the eternal city, Rome, to Milan’s soaring Gothic Duomo cathedral. From the top of the Leaning Tower, Pisa’s cityscape unfolds, and art-lovers can look for their favourite Renaissance paintings in Florence. Drink in Italy’s seductive natural beauty – from the dramatic seascape of the Amalfi Coast and verdant olive groves of Tuscany, to Sardinia’s awe-inspiring gorges and pristine beaches.

イタリアの旅行ガイド

ルクセンブルク

ルクセンブルクにあるアドルフ橋の上からは、隣接するヨーロッパ諸国を見渡すことができます。 ベルギー、ドイツ、フランスに四方を囲まれたルクセンブルクは、ヨーロッパのほぼ中央に位置します。首都ルクセンブルク市はヨーロッパ諸国の都市としてはあまり知られていない都市のひとつです。 中世の面影が残るルクセンブルクには欧州連合の事務局がいくつかあります。 首都の旧市街は山の手地区(Ville Haute)と下町(Ville Basse)に分かれており、アルデンヌ地方には美しい自然が広がっています。

Luxembourg travel guide

マルタ

マルタの魅力は温暖な気候と美しい景色、興味深い歴史でしょう。 岩が海上に露出してできたマルタ島、ゴゾ島、コミノ島には古代要塞都市や地下墳墓があります。マルタの活気溢れるナイトライフはイビザに匹敵します。

Malta travel guide

ノルウェー

ヨステダール氷河やフィヨルド、北極海に浮かぶ島群など、北欧ならではの美しい自然を満喫してください。 国際色豊かなオスロには博物館やお洒落なバーがたくさんありますが、大都市から離れて山奥の村を訪れて素朴な山小屋での生活も体験してみてください。 ノルウェーを訪れるなら夏がお勧めです。真夜中でも太陽が沈まない白夜を体験することができます。

Norway travel guide

ポーランド

グダニスクにあるバルト海の有名な造船所や、雪に覆われたタトラ山脈、クラクフの旧市街など、ポーランドにはさまざまな見所があります。 クラクフほど美しい景観ではありませんが、首都ワルシャワの中心部にはポーランドで最も人気のあるレストランやクラブがあります。 観光地として最近注目されるようになったヴロツワフにはオドラ川が流れています。是非訪れてみてください。

Poland travel guide

ポルトガル

ポルトガルでは、首都リスボンにあるマヌエル様式(ポルトガル独特のゴシック様式)の建築物として有名なベレンの塔やポルトにあるポートワインの酒蔵を見学してください。 アルガルヴェ地方では美しいビーチでくつろいだり、チャンピオンゴルフコースでゴルフの腕前を磨いてください。 国際都市フンシャルへのフライトでマデイラのうっとりする美しさを発見してください。 素晴らしい景色と一年中温暖な気候が、長年愛されて止まないこの長閑な島の魅力です。

Portugal travel guide

ルーマニア

ルーマニア北部にあるマラムレシュ地方の伝統工芸を体験したり、トレンディな大学都市クルジュ=ナポカで人気のバーを訪れてください。 バロック様式の建物が残るブラショヴの狭い通りを散歩したり、首都ブカレストのさまざまな魅力を発見してください。 トランシルヴァニア地方の山々でハイキングを楽しんだり、黒海沿岸で海水浴をお楽しみください。

Romania travel guide

ロシア

ソビエト連邦崩壊後のロシアは、石油ブームで獲得した外貨を共和党本部のあるモスクワと文化の中心であるサンクトペテルブルクから閉鎖都市指定が解除されたウラジオストクに投資しています。 しかしながら、北極圏最大の都市ムルマンスクのストイックな船乗りや黒海のリゾート地で休暇を楽しむ典型的なロシアの老婦人たちの姿が、今でも昔と変わらぬロシアを象徴しています。 歩き回りやすい靴、強靭な肝臓、偏見のない広い心構えをお忘れなく。

Russia travel guide

スロベニア

ターコイズ色の湖からそびえ立つ山の頂上までスロベニアの美しさをお楽しみになり、刻々と変化する景観をご発見ください。リュブリャナの絵のような美しさのお城から始めて、西進してヴェルシェッツ峠を訪れましょう。または、南下してポストイナ鍾乳洞を見学したり、西にあるピランという海辺の町へ向かったりするのも良いでしょう。

スペイン

スペインでは、マドリードにあるプラド美術館で巨匠エル・グレコの数々の傑作を観賞し、建築家のフランク・ゲーリーが設計を手掛けたビルバオ・グッゲンハイム美術館で20世紀を代表する芸術作品を鑑賞してください。 バルセロナを訪れてガウディのモザイク装飾を見て回り、活気溢れるセビリアではイスラム文化の影響が随所に見られるアルカサル宮殿を訪れてください。 スペイン南部の温暖な地中海でシュノーケリングをお楽しみください。 あるいは、フェルテベンチュラやテネリフェを訪れてカナリア諸島の魅力を発見してください。日焼けした砂浜と火山活動で形成された不思議な景観を満喫してください。

スペインの旅行ガイド

スウェーデン

スウェーデンの北部に連なる山々や、バルト海の東に散らばる島々を訪れてください。 自然が広がる北部とは異なり、南部にはヨーテボリ、ストックホルム、マルメなどの主要都市があります。 首都ストックホルムは「北欧のヴェネツィア」とも呼ばれ、水の上に浮いているような美しい都市です。再整備された都市構造や水辺の空間を訪れて「水の都」と呼ばれる理由を発見してください。

Sweden travel guide

スイス

フランス、イタリア、ドイツの長所だけを選り集めたようなスイス。何度も訪れたくなる理由はそこにあります。 大自然の醍醐味を味わいたいなら、スイスアルプスの雪山、ジュネーブにほど近い山々に囲まれた静かな湖、チューリッヒの牧草地を横断する曲がりくねったトレイルを訪れてください。 絵葉書のように美しい町でコーヒーを飲みながらリラックスしたり、歴史的な広場を行き交う人々を観察してください。

Switzerland travel guide

トルコ

トルコへ旅行して、イスタンブールの有名な17世紀の「ブルーモスク」を訪れてください。 その後、ターコイズコーストのビーチや、カッパドキアのギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群を訪れてください。 トルコは見事なコントラストでいっぱいです。古代遺跡とボドルムの有名なナイトスポットが混在しています。 ダラマン周辺のリゾート地の外では、バザーやハンマームで伝統あるトルコ文化を体験することができます。

トルコの旅行ガイド

ウクライナ

雪に覆われたカルパティア山脈とクリミア半島の海岸沿いのリゾートで有名なウクライナは、スラヴ系正教会を誇りを保っています。 国際色豊かなキエフとオデッサのバーやクラブをのぞいてみてください。街の喧騒から逃れて、教会の尖塔、並木通り、緑豊かな広場で静かな場所を見つけて、静穏なひとときをお過ごしください。

Ukraine travel guide

ご自身らしい方法でヨーロッパを探検

弊社のエキスパートが目的地選びをお手伝いいたしましょうか?

弊社の旅行専門家と話して、あなたの次のご旅行を真に忘れがたいものにしましょう。

詳細を見る

If you like Spain, try the Algarve- Portugal has an equallyfabulous stretch of coastline

Amanda Statham,  Travel editor of Cosmopolitan

ご利用規約

サブ・ナビゲーションリンク

British Airways ロゴ