スキップしてナビゲーションへ

Boeing 777-200.

ボーイング777-200はアメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が開発した長距離用ジェット旅客機です。エンジン2基を搭載し、機内には通路が2本あります。同機種は、弊社の北米、南米、カリブ諸島、アフリカ、オーストラリア、極東、中東および湾岸地域への長距離路線で使用されています。

「トリプルセブン」とも呼ばれ、機体全体がコンピュータ上で設計された世界初の商用航空機です。超大型エンジン、機体下部の巨大な着陸装置、細めの尾翼と尖った排気コーンが特徴です。

British Airwaysは、航空機の設計・開発段階からボーイング社と協力していおり、同型機の世界最大の運航会社です。 ボーイング777は優れた燃料効率と快適なキャビンが注目され、長距離商用航空機のベストセラーとなりました。

乗客にとっての利点には以下が含まれます:

  • とても静かで天井が高く、横幅の広いキャビン
  • 全座席にオーディオ/ビデオ・オンデマンドシステム搭載
  • ファースト(First)、クラブ・ワールド(Club World)、ワールド・トラベラー・プラス(World Traveller Plus)、ワールド・トラベラー(World Traveller)の4クラスから選択可能。(ファースト(First)は一部の機体でご利用いただけます)

ご利用クラスについて詳細を見る

フォトギャラリー

設計仕様

Boeing 777-200
保有機数 46
乗客数 最大336人(3クラスまたは4クラス)
全長 63.7m (209 feet 1 inches)
翼幅 60.9m (199 feet 11 inches)
全高 18.5m (60 feet 9 inches)
エンジン 2× ロールス・ロイス トレント 800 または 2× ゼネラル・エレクトリック(GE)90
最大速度 950km/h(590mph、マッハ0.89)
航続距離 6,857km(4,261マイル)

シートマップ

ボーイング777-200では複数の座席配置が用意されています:

ご存知ですか?

  • ボーイング777に搭載されているエンジンはゼネラル・エレクトリック社により開発され、その直径はボーイング737の胴体に匹敵します。
  • 2006年に、British Airwaysは民間機の航続距離世界記録を更新しました。 ボーイング777-200はブリュッセルからメルボルンまで、17,157km(9,274海里)、18時間45分の航続飛行に成功しました。

ロンドン・ガトウィックの機体の向上

一新したボーイング777-200の機体では、エコノミー(ワールド・トラベラー(World Traveller))の後部で機内エンターテイメント画面を表示します。

ロンドン・ガトウィック出発のフライトをご利用の場合、完全に一新したボーイング777機と新世代のエコノミー(ワールド・トラベラー(World Traveller))およびプレミアムエコノミー(ワールド・トラベラー・プラス(World Traveller Plus))のお座席をご利用いただけます。ロンドン・ガトウィックのボーイング777機にリフレッシュしたキャビンが間もなく登場し始め、2019年夏までに更新されます。

エコノミーとプレミアムエコノミーキャビンには、50%大型のエンターテイメント画面を備えた新しい優雅なお座席が搭載されます。各座席にはUSBソケットも完備されます。

ボーイング777-200の就航地は?

航空機は以下のルートで運航されています:

注:機材は運航上の理由により異なる場合があります。

サブ・ナビゲーションリンク

British Airways ロゴ