スキップしてナビゲーションへ

Airbus 321-200.

エアバスA321-200は、ヨーロッパの国際協同会社であるエアバスが製造した単通路型で双発のジェット機です。旅客機として世界で最も一般的に使用されているエアバスA320ファミリーの航空機です。

A320に比べて、A321シリーズの明らかな特徴はストレッチ型(長胴型)の胴体です。他の目立ちにくい特徴として、さらにパワフルなエンジン、さらに強化された降着装置と大きめのタイヤなど、機体全体の重さを支えるために必要な対策が講じられています。

乗客にとっての利点には以下が含まれます:

  • 現在製造されている通路1本のみの航空機種として最も横幅が広い胴体
  • 全座席革張りシート
  • すべての座席で電源ソケット装備(選択した機体による)
  • キャビンの静粛性と環境パフォーマンスの向上

ご利用クラスについて詳細を見る

設計仕様

Airbus A321-200
保有機数 22
乗客数 最大220名
全長 44.5m(146フィート)
翼幅 34.1m (111 feet 11 inches)
全高 11.8m (38 feet 7 inches)
エンジン 2xCFMインターナショナル LEAP1Aエンジン
最大速度 828km/h(511mph、マッハ0.78)
航続距離 5,600km(3,000マイル)

フォトギャラリー

シートマップ

弊社のエアバスA321-200は、長距離路線の154座席から、英国やヨーロッパ内路線の最大177席まで、さまざまな座席配置で運航を行っています。以下は弊社の最も一般的な配置例です:

フライトをご予約中の場合には、ご利用になるフライト特有の座席配列をマネージ・マイ・ブッキングでご確認いただけます。

ご存知ですか?

エアバスA321に搭載されているエンジンに毎分流れ込む空気流量は約50トンです。これは、50,000人以上が同時に空気を吐き出す量に相当します。

A321-200の就航地は?

航空機は次の都市へ運航しています:

注:機材は運航上の理由により異なる場合があります。