スキップしてナビゲーションへ

飛行中のブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)エアバスA320 Neo。

エアバス320neoは、ヨーロッパの国際協同会社であるエアバスが製造した、単通路型で双発のジェット機です。旅客機として世界で最も一般的に使用されているエアバスA320ファミリーの航空機です。A320neoの騒音フットプリントは、前世代の航空機に比べておよそ50%少なくなりました。

A320-200と比較した場合の最も顕著な違いは、翼端の「シャークレット」です。「シャークレット」を備えた翼端により、長距離区間での燃料燃焼を最大4%を削減できます。これは、航空機1機あたり年間約900トンのCO2排出量に相当します。

その他のあまり目立たない違いとしては、エンジンの後部にある、小さなエクステンションを備えた大型エンジンが挙げられます。航空機全体で、A320-200と比較して20%の燃料の節約とCO2の削減を実現します。

飛行中のブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)エアバスA320 Neo。

設計仕様

エアバスA320neo

保有機数 現在、全機に順次展開中 (2023年末時点で22機)
乗客の定員数 180席
全長 37.57メートル(123フィート3インチ)
翼幅 35.80メートル(117フィート5インチ)
全高 11.76メートル(38フィート7インチ)
エンジン 2 x CFMインターナショナル LEAP-1A26
最大速度 1.013 km/h(629.0mph、マッハ82.{5})
航続距離 6300km(3400nm)

シートマップ

ご存知ですか?

2022年6月現在、世界中でA320neoが1,400機以上納入されています。