スキップしてナビゲーションへ

血圧を測定する看護師のクローズアップ。

健康に不安のあるお客様や妊娠中のお客様の中にはご旅行を躊躇される方もおられるかもしれませんが、大抵の場合は特別な対処が必要となることはありません。ただ、ご旅行の際には注意が必要となる場合がありますので、以下の情報をご旅行を計画する際にお役立てください。

Travel insurance

渡航先によっては医療費や送還費用が高額になる場合があるため、適切な旅行損害保険へのご加入をお勧めします。弊社のフライトをご予約される際に、旅行保険にご加入いただくことができます。ただし、一部の国のみが対象です。対象国にご旅行になる場合、フライトを確定し、お支払いをされる際にオプションとして画面に表示されます。

付き添いの必要なお客様

重篤な疾病をお持ちのお客様も状態によっては旅行が可能ですが、付き添いの同伴が必要となります。付き添いを手配するには、医療介護サービス業者として認定を受けている介護士派遣サービスのご利用をお勧めします。

メディカルクリアランス - 飛行機に乗っても大丈夫?

健康状態によっては、フライトご搭乗までにメディカルクリアランスをご取得いただきます。例えば下記のような場合、同書類が必要です。

  • 最近かかった病気、入院、負傷、手術
  • 病状が安定している既存疾患
  • 機内で酸素ボンベや酸素濃縮器の使用が必要な場合
  • 治療を受けるための旅行

メディカルクリアランスの申請方法

診断書フォーム(PDF、650kb、英語のみ)をダウンロードして、パート1にご記入ください。その後、主治医にパート2を記入してもらい、メディカルクリアランスチーム(PMCU; Passenger Medical Clearance Unit)まで送信してください。同チームがお客様がご旅行に適した状態であられるかお知らせいたします。

2018年2月1日以降に短距離のヨーロッパ便にてご旅行されるお客様で、ご自身の携帯酸素ボンベ(重さ5kg未満)の使用を必要とされる方はさらに、添付の申請書をダウンロードしてご記入いただく必要があります。

お客様に安全で快適なフライトをご利用いただけるよう、世界保健機関(WHO)により国際的に広く認められている判断基準に基づいてご搭乗が可能か検討いたします。お客様の健康状態によっては、さらに詳しい情報が必要となる場合や、付き添いの同伴または医療用酸素ボンベや酸素濃縮器(POC)の携行をお願いする場合があります。

contacts

妊娠中のご旅行

お客様とお子様の安全のため、以下の妊娠週以降はフライトをご利用になれません。

  • 単胎妊娠の場合、妊娠36週以降
  • 多胎妊娠の場合、妊娠32週以降

弊社では、妊娠されているお子様がお1人か複数か、出産予定日、合併症がないかを記載した、医師や助産師による確認書をご持参されることをお勧めいたします。

ご旅行に関する健康情報

その他の航空会社

各航空会社のサービスを確認するには、航空会社のロゴをクリックしてください。

  • American Airlinesのロゴ。
  • Finnairのロゴ。
  • Iberiaのロゴ。
  • Japan Airlines.
  • カタール航空のロゴ。

サブ・ナビゲーションリンク

British Airways ロゴ