このページに関するご意見

アンケートの質問に対する回答を選択してください。

このページから、お客様がお探しの情報を見つけることができましたか?

左のキャラクター

openskies-travelling-with-pets

このページに関するご意見

ありがとうございました

ご協力ありがとうございます。

OpenSkies - ペットと一緒のご旅行

ケージの中の小さな犬。

OpenSkiesのフライトでは、Prem PlusおよびEcoキャビンをご利用のお客様にはペットの犬や愛を機内にお持ち込みいただけます。機内持ち込み可能なペットの重量制限は6kg/13.2lbです。6kg/13.2lbを超える場合は預け入れ荷物としてお預かりし、貨物室での輸送が必要となります。

折りたたみ表示ペットの機内持ち込みについて
  • 機内に持ち込み可能なペットの犬や猫の重量制限は6kg/13.2lbs(ケージを含む)です。
  • ペットケージはお客様の猫や犬がケージの中で自由に立ったり動き回ることができる大きさで、換気に十分な通気口を有すものをご用意ください。
  • ペットと一緒のご旅行には以下の制限事項が適用されます:ケージの最大寸法は長さ45cmx幅30cmx高さ24cmです。最大寸法を超える場合は預け入れ荷物として貨物室にお預かりいたします。
  • フライト中はペットをケージから出すことはできません。
  • 機内に持ち込めるペットは、お客様お1人につき1匹です。 各フライトで受け入れ可能な機内持ち込みのペットは最大6匹です。
  • お客様のペットの健康証明書および旅行許可証の提示が必要です。
  • ペットの機内持ち込み手数料は1匹につき$196または125€です(PETC)。

ご予約はOpenSkiesまでお問い合わせください。

折りたたみ表示貨物室でのペット輸送について
  • ペットの犬や猫が6kg/13.2lbを超える場合は貨物として輸送する必要があります。
  • ペットケージにはお客様の猫や犬がケージの中で自由に立ったり動き回ることができる大きさで、換気に十分な通気口を有すものをご用意ください。
  • フライト中はペットをケージから出すことはできません。
  • 貨物室でお預かりするペットは、お客様お1人につき1匹です。 各フライトで最大3匹まで貨物室でお預かりします。 お客様のペットの健康証明書および旅行許可証の提示が必要です。
  • ペットの機内持ち込み手数料は1匹につき$196または125€です(AVIH)。

ご予約はOpenSkiesまでお問い合わせください。

折りたたみ表示介助犬や補助犬と一緒のご旅行

視覚障害、聴覚障害、肢体障害等お身体の不自由なお客様を補助するために特別に訓練された盲導犬、聴導犬や介助犬はキャビンクラスを問わずお客様に同伴して機内への搭乗が認めれています。但し、一定の制限事項が適用されます。

介助犬や補助犬の機内への搭乗は無料です。 介助犬や補助犬は該当する登録団体に登録され、公認団体により発行された認定資格書および旅行許可証の携行が必要です。

ご予約はOpenSkiesまでお問い合わせください。

折りたたみ表示感情支援動物およびセラピー動物

お客様のフライトの出発予定日の1年以内に発行された診断書または文書を提示してください。

お客様の精神疾患または気分(感情)障害について適切な医療資格を持つ精神科医や臨床心理士が詳しく説明した診断書または文書を提出していただく必要があります。 診断書には以下の項目を明記してください:

  • 『精神障害の診断・統計マニュアル』第4版(DSMIV)で認知されている精神障害の診断を受けていること。
  • 旅行中または目的地での滞在期間中、同伴する動物による感情支援または精神療法が必要であること。
  • 診断を行った医師または臨床心理士が精神医学を専門とする医療資格を持つこと、およびお客様の主治医であること。
  • 精神科医および臨床心理士の医療資格を証明するもの(資格取得日、資格認定機関、資格認定の管轄区域など)
  • 感情支援動物と一緒に旅行する場合、お客様の必要書類を確認するため通常のチェックイン時間の1時間前に空港にてチェックインを行ってください。
  • 上記すべての条件を満たしている場合に限り、お客様の感情支援動物およびセラピー動物を無料で機内に同伴することは認められません。 上記の条件を満たさない場合は、必要な手数料をお支払いいただいてペットとして機内に持ち込まれるか、貨物室にお預かりいたします。

ご予約はOpenSkiesまでお問い合わせください。