広告

このページに関するご意見

アンケートの質問に対する回答を選択してください。

このページから、お客様がお探しの情報を見つけることができましたか?

左のキャラクター

index

このページに関するご意見

ありがとうございました

ご協力ありがとうございます。

パスポート、ビザ、およびAPI

パスポートバナー。

こちらの一覧表は、世界中で必要とされる旅行書類をカバーしているわけではありません。必ずご自身で、旅行に必要な書類をお持ちかどうかご確認ください。

折りたたみ表示パスポート

国際線のご利用に必要な身分証明書

国際線でご旅行される場合、ご旅行の期間中に有効であるパスポートあるいはそれに相当する旅行書類が必要です。2歳未満の幼児を含め、お子様も各自のパスポートをお持ちいただく必要があります。

一部の国では、滞在期間に加えてパスポートの必要残存有効期間が規定されています。通常、滞在期間+3ヶ月または6ヶ月です。IATA(国際航空運送協会)のTravel Centreサイトにて各国のパスポートの必要条件をご確認ください


英国国内線のご利用に必要な身分証明書

北アイルランドも含めて英国内のみをご旅行の場合にはパスポートは必要ありませんが、旅行中に身分証明書の提示を求められる場合がありますので、ご旅行の際は写真付き身分証明書(パスポートや運転免許証など)を携行されることをお勧めします。なお、16歳以下のお子様は、英国内をご旅行の際に身分証明書を携行する必要はありません。


英国とアイルランド共和国間のフライトで必要な身分証明書

英国またはアイルランド共和国を出生地および国籍とする方の場合、二国間のご旅行にパスポートは必要ありませんが、運転免許証などの写真付き身分証明書が必要です。

その他の旅行者については、二国間のご旅行には有効なパスポートが必要です。


パスポートの取得

パスポートの申請から受領までに必要な時間は国や地域によって異なり、申請後6週間程度である場合やもっと時間が必要な場合もあります。そのため、パスポートを受領してからフライトのご予約を行うようお勧めいたします。多くの国では必要に応じ早期発給制度を実施しています。

新規パスポートの申請あるいは既存のパスポートの更新が必要な場合、お客様の国のパスポートセンターで手続きを行ってください。英国では、英国パスポートサービスをご利用ください。

パスポートの申請手続きでお困りの場合は、弊社が提携するビザセントラル(VisaCentral)のパスポート申請代行サービスをご利用ください。申請から受領まですべておまかせいただけます。ブリティッシュ・エアウェイズのお客様にはビザセントラルの申請代行料金を30%割引でご利用いただけます。

ビザセントラルを通じてパスポートを取得

折りたたみ表示ビザ

お客様の国籍と渡航目的によっては、ご旅行中に入国するすべての国のビザまたは同等の許可書が必要な場合があります。フライトの乗り継ぎ地としてご利用になるだけでもビザが必要な場合がありますのでご注意ください。また、別途、有効なパスポートも必要です。

ビザは必要?

IATAトラベルセンターでは、入国に必要なビザの種類および申請条件や、一部の国で徴収される入国料に関する最新情報を無料で提供しています。パスポートおよび予防接種やその他の健康に関する情報、渡航先での税関手続き、現地通貨、空港情報なども合わせてご確認いただけます:

お客様のご旅行にビザが必要な場合は、渡航先の国の大使館あるいは高等弁務団でビザ申請を行うことができます。申請手続きに関する詳細は、各国の大使館または高等弁務団のウェブサイトを参照されるか、領事館までお問い合わせください。


ビザ申請のお手伝い

弊社は、お客様の面倒なお手続きをすべて代行するビザセントラルと提携しています。

  • 安全で簡単な方法でビザを取得
  • 時間の節約 — ビザセントラルのスタッフが大使館または領事館への申請から受領までを代行します
  • British Airwaysのお客様なら手続き費用を30%割引

ビザセントラルを通じてビザを取得


中国における72時間の無査証トランジット

ブリティッシュ・エアウェイズが現在運航を行っている、北京、上海、成都などの都市で乗り換えを行う場合、到着した直轄市に留まりかつ72時間以内に第三国に出発することを証明することができる場合には、72時間までならビザを取得せずに中国に留まることができます。

以下の国の国民であればこの乗り継ぎスキームをご利用になれます:

Albania Argentina Australia Austria
Belgium ボスニア・ヘルツェゴビナ Brazil Brunei
Bulgaria Canada Chile Croatia
Cyprus Czech Republic Denmark Estonia
Finland France Germany Greece
Hungary Iceland Ireland Italy
日本 Latvia Lithuania Luxembourg
Macedonia Malta Mexico モンテネグロ
Netherlands New Zealand Poland Portugal
Qatar Republic of Korea Romania Russia
Serbia Singapore Slovakia Slovenia
Spain Sweden Switzerland Ukraine
United Arab Emirates United Kingdom USA  

中国の他の都市へ乗り換えを行う場合はビザが必要です。24時間以内に中国から出国しなければならず、また、空港から出ることは許可されません。

中国における72時間無査証トランジットの詳細

 


インドのe観光ビザ

インドに旅行する場合、ご旅行の4日前までならオンラインでe観光ビザを取得できる場合があります。ビザの有効期間は30日間で、ご旅行の際のチェックイン時に印刷されたコピーを提示する必要があります。

インドのe観光ビザ申請に関する詳細


サウジアラビア王国のビザ制限

お客様が巡礼者でいらっしゃる場合

サウジアラビア王国(KSA)にジッダを通過して入国する場合、以下の巡礼期間にはハッジ・ビザ、その他の期間にはウムラ巡礼ビザが必要です:

  • ロンドン・ヒースロー空港発、ジッダ行き(BA133):2016年8月3日~2016年9月4日(その日を含む)
  • ジッダ発ロンドン・ヒースロー空港行き(BA132): 9月17日~2016年9月16日(その日を含む)

次のことはできません。

  • ウムラ・ビザを使ってのハッジの旅行
  • ハッジ・ビザを使ってのウムラの旅行
  • リヤド経由の入国、乗り継ぎ、または乗り換え
  • 毎年サウジ当局によって決定される公式な巡礼日以外の旅行

英国からご旅行される場合、弊社の専門的な提携会社であるマスターフェアを通じてのご旅行をお勧めしております。マスターフェアは、サウジアラビア王国のハッジ省公認の代理人を通じて、フライトおよびハッジやウムラのビザをご手配します。

他の国から入国される場合やba.comで予約をお取りになる場合、サウジアラビア王国ハッジ省公認の代理人からハッジ巡礼またはウムラ巡礼の正しい巡礼ビザを取得することは、お客様の責任となります

必要な書類をお持ちでない場合や巡礼日以外の日にちでご予約された場合は、ご旅行いただくことはできず、またそれによる払い戻しをお受けになることもできません。

お客様が巡礼者でない場合

  • イスラム教徒でない場合は、ビジネス/訪問ビザを使っていつでもジェッダまたはリヤドに入ることができます。
  • お客様がイスラム教徒で、ハッジ期間中またはハッジ前からハッジ期間中にかけての6週間の間にビジネスビザまたは訪問ビザを使って渡航される場合は、リヤド経由でサウジアラビア王国へ入国してください。
  • お客様がイスラム教徒で、2016年8月3日~2016年9月10日の間にビジネスビザまたは訪問ビザを使ってBA133便で渡航される場合には、ハッジ・ビザが必要です。

注:

•上記の規制は、サウジアラビア王国の住民や国民には適用されません。

•サウジアラビア王国のビザ規制は突然変更される場合がありますので、ご予約前にはIATAトラベルセンターでご確認いただきますようお願いいたします。

弊社に詳細をお問い合わせ

折りたたみ表示英国登録旅行者(Registered Traveller)サービスで英国への入国手続きがスムーズになります

オーストラリア、カナダ、香港、日本、ニュージーランド、シンガポール、韓国、台湾、アメリカ合衆国の国籍をお持ちの方は、バイオメトリックパスポート(日本では「IC旅券」または「ICパスポート」)を所持している場合、英国への入国手続きが迅速に行える英国登録旅行者(Registered Traveller)制度をご利用いただけます。

申請を行うと、英国境隊(UK Border Force)が登録資格の有無を審査します。承認されると、英国の入国カード(landing card)に記入する必要がなくなります。英国入国時にePassportゲートを使用できるほか、ロンドンのすべての空港およびエディンバラ、グラスゴー、マンチェスターなどの英国内の一部の空港においてUK/EUレーンレーンを使用できるようになります。

英国登録旅行者(Registered Traveller)制度についての詳細(PDF、67kb、英語のみ)

英国登録旅行者制度に申請する

折りたたみ表示アメリカ合衆国へのご旅行 - ESTA

ビザ免除プログラムに参加している国(英国を含む)の国籍をお持ちの方は、電子渡航認証システム(ESTA)の認証を受け、プログラムの条件を満たしている場合、ビザなしでアメリカ合衆国に旅行することができます。

また、ESTAと共に有効なeパスポートが必要です。eパスポートとは、ICチップを搭載した旅券のことです。このICチップには、パスポート所持者の顔画像などの生体情報が記録されています。お持ちのパスポート表紙の「チップ」のマークを確認することで、eパスポートであるかどうかを識別できます。

 

ESTAを利用いただけない場合

  • 二重国籍をお持ちの方で、1つのパスポートがビザ免除プログラムの対象国で発行され、もう一方のパスポートがイラン、イラク、スーダン、シリアで発行されている場合、ESTAを使ってアメリカ合衆国に入国することはできなくなりました。
  • ESTAをお持ちで、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリアを訪問された場合、ビザ免除プログラムをご利用いただくことはできません。その場合、アメリカ合衆国にご旅行される際にはビザの申請が必要です。お近くのアメリカ大使館にお問い合わせください。

ESTAに申請する

ESTAはオンラインで申請可能です。申請後すぐに承認される場合がほとんどですが、ご出発の少なくとも72時間前までにはESTAの申請をお済ませください。ESTA認証は2年間またはパスポートの有効期限まで有効で(いずれか早い方)、有効期間内であれば何度でも渡米できます。

ビザ免除プログラムとESTAについての詳細

Apply for an ESTA

 

ESTA申請のお手伝い

弊社の提携会社であるビザセントラルは面倒な手続きをすべて行い、ESTAを安全かつ簡単に取得いたします。この特別サービスには以下の特典が含まれます:

  • British Airwaysのお客様はビザセントラルの手続き料金が30%割引
  • VisaCentralのプロフェッショナルによる提出書類の確認およびアドバイス

ビザセントラルを通じてESTAを取得

折りたたみ表示アメリカ合衆国へのご旅行 - グローバル・エントリー制度

米国税関・国境警備局(CBP)が施行しているプログラム、グローバルエントリーに登録すると、英国市民はアメリカ合衆国の入国審査をより速やかに行うことができます。このプログラムによって、事前承認を得た、低リスクの旅行者が、アメリカ合衆国への到着時に迅速に手続きができます。以下はその利点です:

  • 処理のための行列がない
  • 紙の税関申告書の記入が不要
  • 待ち時間の短縮
  • TSA Pre✓®(米国の空港で実施されている、より迅速で効率的なセキュリティスクリーニング)の対象

メンバー資格は5年間保持されます。申請手続きには、バックグラウンド検査(英国政府への返金不可の費用として£42が必要)、アメリカ合衆国税関・国境警備局のオンライン登録(返金不可の費用として100米ドルが必要)、公認登録センターにて実施される面接への出席が含まれます。

グローバル・エントリーに関する詳細とよくあるご質問

グローバル・エントリーを申請する

折りたたみ表示ロンドン・シティ空港から米国へのご旅行

弊社フライトにてロンドン・シティ空港からニューヨーク(JFK)にご移動される場合、アイルランドのシャノン空港に短時間(最長で45分間)立ち寄る間に、アメリカ合衆国の入国審査および税関手続きをお済ませいただけます。つまり、アメリカ合衆国に国内線利用者として到着することができ、ニューヨークのパスポート審査を受けずに済ませることができるのです。

  • シャノンご到着時にはすべての持ち物をお持ちになり、記入済みの税関申告書、パスポート、搭乗券、預け入れ荷物のレシートをお手元にご用意ください。
  • ターミナルの中に入ったら、「米国入国審査および国境警備局(US Immigration and Border Protection)」の標識に従ってお進みください。
  • 空港のセキュリティで預け入れ荷物の審査を受けた後(または機内持ち込み手荷物のみの場合)、米国入国の事前審査デスクまで直接お進みください。

本サービスは、1日の最初のフライト(BA001)でご旅行される場合にのみご利用いただけます。BA003でご旅行される場合、ニューヨーク・JFK空港に到着してから入国審査および税関手続きをお済ませになる必要があります。

弊社のロンドン・シティ空港発、ニューヨーク空港行きフライトの詳細

折りたたみ表示カナダへのご旅行 - eTA

アメリカ合衆国の国民の方と、カナダ入国にビザが必要な方以外は、ご旅行前に電子渡航認証(eTA)の申請が必要です。申請対象者には、すべての英国国民が含まれます。eTAにかかる費用はお1人様あたり7カナダドルであり、eTAは5年間あるいはお持ちのパスポートの有効期限が切れるまで有効です。

カナダのeTAについての詳細および申請

折りたたみ表示18歳未満のお子様を連れてのご旅行

一部の国の移民局では、その国への出入国または乗り継ぎをする18歳未満のすべての子どもに関する追加書類を必要としています。国によって異なりますので、IATA旅行センターのご渡航まえに確認するをご参照ください。正しい情報を得るには、お子様の生年月日を必ずお使いください。

折りたたみ表示事前旅客情報(API)

多くの国では、自国に入国する搭乗者のパスポート情報および旅行情報を事前に収集するよう航空会社に要求しています。

どのような情報を提供する必要がありますか?

収集される個人情報には以下が含まれます:

  • フルネーム(パスポートに記載された氏名)
  • 生年月日
  • 性別
  • 国籍
  • パスポート番号
  • パスポート有効期限
  • パスポート発行国
  • 居住国

加えて、米国に渡航する際には以下の提供も必要となります:

  • 米国に到着する日の滞在先住所
  • 米国居住者の場合は、外国人登録番号 (グリーンカード)
  • トラベラー・レッドレス・ナンバーお持ちの場合(これによって、以前にアメリカ合衆国への入国に問題のあった旅行者の方が将来的な問題を避けることができます)。

アメリカ合衆国の国民で「グローバル・エントリー」番号をお持ちの場合、事前旅客情報(API)の一部としてこれをご提供いただく必要はありません。アメリカ合衆国に到着される際、専用の入国管理キオスクをご利用になることでお客様のグローバル・エントリーの状況が認識されます。

お客様の個人情報について

お客様により提供された情報は管轄政府機関に安全に送信されます。一部の国では、お客様のフライト予約に関する情報の提供が義務付けられています。提供される情報には上記の項目に加えてその他の詳細情報が含まれます。

 

米国発着便に関する法的責任

米国国土安全保障省の運輸保安局(TSA)は、合衆国法典第49編第114条ならびに2004年に制定された情報改革およびテロ予防法に基づき、監視リストと照合するため、弊社がお客様の情報を提供することを要求しています。情報提供は任意ですが、情報を提供されない場合は、追加審査や搭乗拒否、セキュリティ通過後のエリアへの立ち入り禁止の対象となる場合があります。TSAはお客様が提供された情報を、記録通知の公開システムによって法施行機関や情報機関、その他の機関と共有する場合があります。TSAのプライバシーポリシーや記録通知システム、プライバシー影響評価に関する詳細はtsa.govをご覧ください。

 

事前旅客情報の提供について

ba.comのご予約に事前旅客情報(APIS)を追加するには、マネージ・マイ・ブッキングをご利用ください。ご提供いただく必要のある情報がある場合には、ページ上部の旅客情報のセクションに赤いエクスクラメーションマークが表示されます。

事前旅客情報の追加

折りたたみ表示アルゼンチンへの入国(アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア国籍の方)

米国、カナダ、またはオーストラリアの国籍をお持ちのお客様がアルゼンチンに渡航される場合には、ご出発前にオンラインで入国料(Reciprocity Fee)をお支払いいただく必要があります。入国時にこの料金をお支払いいただくことはできません。ご到着時に入国管理にて印刷済みのレシートを提出し、審査および登録をお済ませください。

アルゼンチンの入国料に関する詳細および申込み(スペイン語のみ)