このページに関するご意見

アンケートの質問に対する回答を選択してください。

このページから、お客様がお探しの情報を見つけることができましたか?

左のキャラクター

packing-tips

このページに関するご意見

ありがとうございました

ご協力ありがとうございます。

荷造りのヒント

開いたスーツケース。

頻繁に旅行を繰り返していると、自然と荷造り上手になるものです。 バッグにあれこれ投げ入れたくなるものですが、ちょっとした工夫ですっきりと整理でき、無料手荷物許容量をフル活用することができます。

荷造りのヒントをまとめたビデオをご覧ください

ご旅行に必要なもの

  • 旅行先の天気予報を確認して、必要な衣類や持ち物を揃えて荷造りしてください。
  • セキュリティ検査をスムーズに通過できるよう、液体類、輸送禁止・機内持ち込み制限品についてのガイダンスに従ってください。
  • 医薬品、現金、貴重品、重要な渡航文書などは、必要に応じていつでも取り出せるよう機内持ち込み手荷物に詰めてください。
  • 衣類をたたんで詰める場合でも、またはくるくる巻物のように丸めて詰める場合でも、同じタイプの衣類を一緒にまとめて詰めるとシワになりにくく、省スペースで荷造りできます。
  • 靴などの重めのものはバッグを立てた時に底になる方に詰めてください。
  • 旅行先での購入するお土産などを持ち帰るためのスペースも忘れずに確保してください! 旅行先から持ち帰る手荷物が増えそうな場合は、折りたためる軽めのバッグを詰めておくと便利です。
  • 機内持ち込み手荷物許容量および預け入れ荷物許容量について事前にご確認ください - 許容量を超える場合は、 追加の預け入れ手荷物を有料でお預かりすることも可能です。

手荷物の管理

  • 空港で重量超過料金がかからないよう手荷物の重さを量るデジタルスケールを購入する。
  • 名前、滞在先住所、eメールアドレス、携帯電話番号を記載した名札を手荷物の外側と内側の両方に付ける。
  • 手荷物を預け入れる前に、過去のフライトの手荷物タグをすべて外しておく。
  • 空港の手荷物係員や手荷物検査官により荷物の開封が必要な際の破損や紛失を未然に防ぐため、スーツケースなどにロックを使用する場合はTSA認定ロックを使用する。
  • ハンドルやストラップなどの突起した付属品は欠損を防ぐために取り外せるものは取り外し、収納できるものはしっかりと中に収納する。
  • 手荷物受け取る際にターンテーブルで判別しやすいようにバッグ(特にブラックのもの)にはカラフルなストラップやタグを付けて目印にする。