その他の航空会社

各航空会社のサービスを確認するには、航空会社のロゴをクリックしてください。

  • American Airlinesのロゴ。
  • Finnairのロゴ。
  • Iberiaのロゴ。
  • Japan Airlines.

このページに関するご意見

アンケートの質問に対する回答を選択してください。

このページから、お客様がお探しの情報を見つけることができましたか?

左のキャラクター

liquids-and-restrictions

このページに関するご意見

ありがとうございました

ご協力ありがとうございます。

液体類、輸送禁止・機内持ち込み制限品

さまざまな液体ボトル。

お客様ならびに搭乗員の安全を第一に考え、安心してご旅行いただくためにはお客様のご協力が必要です。 安全運航に危険を及ぼす可能性のある物品の持ち込みは禁止または制限されています。 お客様が自信を持って旅の荷造りを行えるよう、手荷物に関する注意点をこちらのガイドにまとめてご案内します。

持ち込みできますか?

手荷物を準備する際には、以下のガイドラインに従って適切に荷造りしてください。 国や航空会社によって制限事項は異なります。 ご出発前には必ず現地の空港および航空会社の規定を確認してください。乗り継ぎ便で別の航空会社のフライトに乗り換える場合は特に注意してください。

Rules for flights departing from US airports are available from the website of the US Transport Security Administration (TSA).

折りたたみ表示液体類と食品

ほとんどの国では、空港のセキュリティ検査を過ぎて手荷物として持ち込み可能な液体の種類と量に制限があります。制限される液体の種類にはジェル、クリーム、ペースト、およびジャムやゼリーなどの液体の食品が含まれます。固形食品は機内への持ち込みが認められていますが、お客様の目的地によっては国内への持ち込みが禁止または制限されている食品があります(たとえば、多くの国では肉類、果物と野菜類の持ち込みが禁止されています)。

持ち込みできますか?
品目 機内持ち込み手荷物 預け入れ荷物

液体類

(例: 水、牛乳、ジュース)

下記ガイダンスを参照 グリーンチェック。

アルコール飲料

(アルコール度数70%以下、

1人あたり5リットル以下)

下記ガイダンスを参照 グリーンチェック。

液体の食品

(例: スープ、ソース、ジャム、クリーム)

下記ガイダンスを参照 グリーンチェック。

乾燥食品

(例: サンドイッチ、ビスケット、ドライフルーツ、ナッツ類)

グリーンチェック。 グリーンチェック。
ベビーミルク、ベビーフード 下記ガイダンスを参照 グリーンチェック。
液体の医薬品 下記ガイダンスを参照 グリーンチェック。

液体類の機内持ち込み

空港のセキュリティ検査を通過する際の注意点:

  • あらゆる液体物は、100ミリリットル(3.4オンス)以下の容器に入れてください。
  • すべての液体容器を大きさ20cm x 20cm(8インチ x 8インチ)以下、容量1リットル以下の再封可能な透明プラスチック袋(ジップロック状)1つに入れてください。
  • プラスチック袋は完全に密閉でき、機内持ち込み手荷物に収まらなくてはなりません。
  • 液体容器の入った透明のプラスチック袋は、その他の手荷物とは別にして手荷物検査場にて検査員に提示してください。
  • 英国およびEU圏内では、液体、エアロゾルまたはジェルの安全性を確かめるために、口に入れるか肌にすりつけることを要請されることはありません。 これらのアイテムは、特別な機器を使用して安全性の確認を行います。 サンプルの提示を求められる場合があります。
  • 英国およびEU圏外の空港では手荷物検査に関する方針が異なりますので、必ずお客様ご自身にて空港にご確認ください。

ベビーフードとミルク

乳幼児をお連れのお客様は、通常の液体類の持ち込み制限を超える場合でも、旅行中に必要な分量のベビーミルク、粉ミルク、煮沸消毒したお湯(哺乳瓶に入れて携帯)、ベビーフードを機内に持ち込みことができます。 透明プラスチック袋に入れる必要はありませんが、空港のセキュリティ検査場で検査員に提示してください。

液体の医薬品

液体の医薬品は、通常の液体類の持ち込み制限を超える場合でも、処方箋の写しや医師の診断書の提示があれば機内で必要な分量を持ち込むことができます。 医薬品を透明プラスチック袋に入れる必要はありませんが、空港のセキュリティ検査場で検査員に提示してください。

免税品および空港内での購入品

セキュリティ検査場を通過後、空港の免税店で酒類や香水などの液体免税品を購入することができます。但し、購入時にお買い上げレシートが添付された安全不正開封バッグ(Security Tamper-Evident Bag、開封する場合に、表示が残るビニール包装)で密封された場合のみ、機内に持ち込みできます。機内での液体免税品の購入についても同様です。お客様が一旦空港を離れて、乗り継ぎのために空港に戻られる場合、お買い上げレシートが添付された安全不正開封バッグに密閉されたままの状態であれば、これらのアイテムを持ち込むことができます。乗り継ぎ便をご利用のお客様は、乗り継ぎ時にセキュリティ検査を受けていただく必要があります。
空港により持ち込み制限品に関する方針が異なりますので、お客様の旅程でご利用になるすべての空港についてそれぞれご確認のうえ、手荷物に持ち込みできないものがないようご注意ください。

折りたたみ表示医薬品・医療機器

医薬品等は必ず機内持ち込み手荷物にお入れください。 医薬品や医療機器の種類によっては、医師の処方箋または航空会社の事前承認が必要になる場合があります。 詳細およびお問い合わせについては、弊社の医療関連ページを参照してください。

持ち込みできますか?
品目 機内持ち込み手荷物 預け入れ荷物
錠剤およびカプセル グリーンチェック。 グリーンチェック。
液体の医薬品

グリーンチェック。処方箋または医師の診断書の提示があれば、旅行中に必要な分量を持ち込み可能

グリーンチェック。
エピペンおよび皮下注射針 グリーンチェック。医師の診断書が必要 グリーンチェック。
喘息の吸入薬 グリーンチェック。 グリーンチェック。
酸素および携帯型酸素濃縮器 承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください
ネブライザー(吸入器)またはCPAP装置には、メディカルクリアランスは必要ありません。
さらに詳しい情報については、お気軽に弊社までお問い合わせください。

 

詳しくは弊社までご連絡ください

携帯型医療電子機器
(例: リチウム電池を内蔵した除細動器)

 

承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください
水銀を含んだ医療用体温計(個人用) グリーンチェック。保護箱に入れて持ち込み可能 グリーンチェック。保護箱に入れて持ち込み可能

健康に不安のあるお客様へのご案内

危険物についてのガイド(pdf、70kb、英語のみ)

折りたたみ表示個人用電子機器

電子機器は、一部の電子機器を除いて、機内持ち込みおよび預け入れの手荷物としてお持ちいただけます。 予備バッテリーのお預かりはできません。

ホバーボード(エアホイール、ソロホイール)

使用されているリチウム電池によりホバーボードには火災発生の危険があるとの報道を踏まえ、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)ではホバーボードおよび類似する小型可搬式電動交通手段の再検討を行いました。その結果、弊社のフライトにご搭乗されるお客様の安全を確保するため、機内持ち込み手荷物および預け入れ荷物の両方においてこれらの品目の輸送を禁止することになりました。預け入れ荷物にこれらの品目が含まれている場合、予定通りに輸送されることはまずありませんのでご了承ください。

持ち込みできますか?
品目 機内持ち込み手荷物 預け入れ荷物
ホバーボード、エアホイール、ソロホイール Red cross. Red cross.
ガスカートリッジが装着されたヘアカーラー(ガスコテ)およびヘアアイロン

グリーンチェック。カートリッジ1個に限り機器に装着された状態で持ち込み可能、機内での使用は不可

グリーンチェック。カートリッジ1個に限り機器に装着された状態で持ち込み可能
電子機器の予備バッテリー

グリーンチェック。購入時の小売容器に収納、端末を絶縁、あるいは金属との接触を予防して短絡(ショート)しないように個別に保護

Red cross.

0~100Wh(ワット時定格量)および100-160Whのリチウム電池 リチウムイオン電池についてのご案内(pdf, 133kb、英語版のみ)をご覧ください

承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください

電子タバコ グリーンチェック。機内での使用は不可 Red cross.
護身用具
(例: スタンガン、催涙スプレー、ペッパースプレー)
Red cross. Red cross.

 危険物についてのガイド(pdf、70kb、英語のみ)

折りたたみ表示スポーツ用品およびレクリエーション用品

一般的なスポーツ用品およびレクリエーション用品は、特定の条件を満たしている場合であれば預け入れ荷物としてお預かりいたします。 一部の特殊な器具については、事前承認が必要となるか、あるいは特定の方法で梱包された場合に限りお預かりいたします。

スポーツ用品の輸送に関する詳細については、弊社のスポーツ用品ページを参照してください。

ホバーボード(エアホイール、ソロホイール)

使用されているリチウム電池によりホバーボードには火災発生の危険があるとの報道を踏まえ、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)ではホバーボードおよび類似する小型可搬式電動交通手段の再検討を行いました。その結果、弊社のフライトにご搭乗されるお客様の安全を確保するため、機内持ち込み手荷物および預け入れ荷物の両方においてこれらの品目の輸送を禁止することになりました。預け入れ荷物にこれらの品目が含まれている場合、予定通りに輸送されることはまずありませんのでご了承ください。

持ち込みできますか?
品目 機内持ち込み手荷物 預け入れ荷物
傘、杖や松葉杖など
(トレッキングポールを除く)
グリーンチェック。 グリーンチェック。
トレッキングポール Red cross. グリーンチェック。
ラケットおよびスティック Red cross. グリーンチェック。
銛および水中銃(スピアガン) Red cross.

グリーンチェック。スピアを外して

別々に梱包

弓矢およびクロスボウ Red cross. グリーンチェック。
ホバーボード、エアホイール、ソロホイール Red cross. Red cross.
投げ槍および棒高跳びの棒 Red cross. Red cross.
ハンググライダー Red cross. Red cross.
ウィンドサーフィン用ボードおよびセイル Red cross. Red cross.
カヤック、カヌー Red cross. Red cross.
キャンプ用ストーブおよび燃料タンク 承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください

膨張救命胴衣

(非引火性ガスシリンダーを含む)

承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください
雪崩救助用バックパック 承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください

熱を発する器具

(例: ダイビング用水中ライト、はんだゴテ)

承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください

持ち込み制限品目リスト(PDF、38kb、英語のみ)

スポーツ用品の輸送について

折りたたみ表示バッテリー駆動式電動車椅子

弊社では、ほとんどの種類の電動車いすに対応しております。準備に万全を期すためにも、前もってご連絡いただいたうえ、ご旅行前には安全上の手引きにお従いくださいますようお願いいたします。

健康に不安のあるお客様へのご案内

折りたたみ表示工具および先の尖ったもの

先端が尖ったもの、鋭利な刃物、鈍器など凶器として使用できるものは、機内への持ち込みが禁止されています。 むき出しの剃刀および刃、ナイフ、長さ6cmを超える刃が付いたハサミ、ドリル、ドライバー、たがね、鋸、こん棒、バット、バール(釘抜き)などが含まれます。

持ち込みできますか?
品目 機内持ち込み手荷物 預け入れ荷物
編み針、レース編み用かぎ針 グリーンチェック。 グリーンチェック。
刃先が丸く尖っていないハサミやナイフ
(刃渡り6 cm(2.4インチ)までのもの)
グリーンチェック。 グリーンチェック。
大型のハサミやナイフ(長さ6cm以上の刃が付いたもの)
および刃先が尖ったハサミや小型ナイフ
Red cross. グリーンチェック。
ピンセット グリーンチェック。 グリーンチェック。
使い捨てかみそり
(刃がカートリッジ内に収納されたもの)
グリーンチェック。 グリーンチェック。

その他の先端の尖った、または刃のついたもの、スタインリーナイフ、ボックスカッター、DIY道具

Red cross.  グリーンチェック。

バット、バール、金づちなどの鈍器、DIY道具

Red cross.  グリーンチェック。

持ち込み制限品目リスト(PDF、38kb、英語のみ)


折りたたみ表示可燃物質、爆発物、および化学物質

酸性物質、漂白剤、過酸化水素剤、リン、肥料、除草剤、および殺虫剤を含むほとんどの可燃性物物質、腐食性物質、毒物類の持ち込みは禁止されています。

持ち込みできますか?
品目 機内持ち込み手荷物 預け入れ荷物

喫煙用ライターと安全マッチ

Red cross.

安全マッチ1箱、または喫煙用ライター1個を身に付けて携行可能、お預かり不可

Red cross.

ペンキ、ガソリン、ライター燃料、シンナーなど有機溶剤、ニス、ラッカー等

Red cross. Red cross.

着火剤、提灯等

 Red cross.  Red cross.
ドライアイス 承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください

水銀温度計・気圧計(気象庁または同様の公的機関の担当者が携行する場合)

承認が必要です — 弊社までお問い合わせ ください

 

危険物についてのガイド(pdf、70kb、英語のみ)

折りたたみ表示クリスマス、その他特別な祭日用の手荷物

ギフトをお持ちの場合、包装を未開封のままお持ちください。 セキュリティ検査員により開封される場合があります。

持ち込みできますか?
品目 機内持ち込み手荷物 預け入れ荷物
クリスマスクラッカー Red cross. 下記ガイダンスを参照
花火および火炎信号 Red cross. Red cross.
パーティーポッパーおよび線香花火 Red cross. Red cross.

クリスマスクラッカー

以下の制限を満たす場合に限り、英国出発のフライトではクラッカーは預け入れ荷物の一部としてお預かりいたします:

  • クラッカーは一般消費者向けに販売目的で生産されたものであること(自家製クラッカーは不可)。
  • 乗客1人あたり最大2箱まで持ち込み可能で、購入時の包装のままであること。
  • クラッカーは個人使用のみが目的であること。

クラッカーは米国への持ち込みが禁止されています。その他の国においても、国により持ち込み規定が異なります。

折りたたみ表示銃火器および弾薬

すべての銃火器(レプリカおよび退役銃を含む)と弾薬の持ち込みは、英国の法律により規制されています。旅行中に銃火器や弾薬を携行する場合、銃火器のライセンスおよびその他の適切な書類の提示と弊社への事前通知が必要となります。

IATA危険物規則書区分1.4S(UN番号0012および0014)の分類に基づき、持ち込み可能な弾薬(武器、小火器用カートリッジ)の重量は1人あたり5kg(11lb)に制限されています。 個人使用のみが目的であり、爆薬弾および焼夷弾は機内持ち込みすることもお預かりもできません。 銃火器または銃火器ケースはそれぞれ預け入れ荷物1個とみなし、他の手荷物とは別々に梱包していただく必要があります。

ba.comでBritish Airways以外の航空会社が運航するフライトを含む予約を行う場合は、ご予約前に弊社までお問い合わせの上、当該航空会社のフライトで銃火器を持ち込めるかどうかご確認ください。

銃火器や弾薬の入ったケースは弊社の提携している専門業者が取り扱いを行うため、チェックイン時にケース1個につき片道£50の手数料と、適用される地域のサービス料をお支払いいただきます。

ご出発前に弊社までご連絡ください

銃火器または弾薬を携行される場合は、政府機関による銃火器の輸送規定を確実に遵守するため、ご出発の72時間前までに弊社のコールセンターまで必ずお電話ください。事前にご通知いただけない場合、銃火器等はご携行いただけません。

銃火器等に関する以下の情報が必要です:

  • 輸送する銃火器の数量
  • 銃火器の種類(拳銃、狩猟用ライフル、ショットガン)
  • 銃火器の製造元およびモデル名と口径
  • 弾薬の口径および重量

必要書類

ご旅行に銃火器や弾薬を携行する場合、すべての必要許可証類の携帯が必要となります。 これには、現地政府または当該国政府による輸出・輸入ライセンスおよび許可が含まれます。

チェックイン

必要書類の手続きおよびセキュリティ検査に時間がかかるため、ご出発の最低2時間前までに空港チェックイン・デスクまでお越しください。 10丁以上の銃火器または10箱以上の弾薬を携行される団体または単独のお客様は、最低3時間前にお越しください。

ロンドン経由の乗り継ぎ

ロンドンの空港経由で乗り継ぎの場合、フライト間の乗り継ぎには最低3時間が必要です。

銃火器の梱包方法

銃火器と弾薬は適切な輸送ケースに収納されている場合に限りお預かりいたします。輸送ケースに収納できない場合は、お客様の身の回り品や所持品と一緒にスーツケースに収納してください(南アフリカおよびイタリア発のフライトを除く — 以下参照)。 梱包の際には以下の点に注意してください:

  • お預けになる銃火器には、それぞれ適切な銃砲刀剣類所持許可証等を添付してください。
  • 銃火器は弾丸をすべて抜き取ってください。
  • 衝撃や振動から守るため、シェルまたはカートリッジが動かないように弾薬は購入時の包装または適切な容器に梱包してください(ばらばらの状態となっている弾薬は持ち込みが禁止されています)。
  • 弾薬を入れた荷物に「Explosives(火薬類)」のラベルを貼ってはいけません。

銃火器とその他の預け入れ荷物の総数がお客様の無料許容量を超える場合、または規定の重量制限を超える手荷物がある場合は、超過荷物料金または重量超過料金がかかります。

超過荷物料金、重量超過荷物料金について

南アフリカおよびイタリアの梱包条件

南アフリカおよびイタリアを発着するフライトでは、銃火器および弾薬を身の回り品と一緒に預け入れ荷物に梱包することができません。 銃火器と弾薬を別々のケースに分けて梱包し、銃火器ケースは必ず施錠してください。 弾薬は個別に梱包し、施錠可能なバッグまたは容器に収納してください。 無料手荷物許容量を超える場合でも超過荷物料金をお支払いいただく必要はありません。

ルーマニアの梱包条件

ルーマニアを出発するフライトでは、銃火器および弾薬を身の回り品と一緒に預け入れ荷物に梱包することができません。 銃火器と弾薬を別々のケースに分けて梱包し、銃火器ケースは必ず施錠してください。 弾薬は個別に梱包し、施錠可能なバッグまたは容器に収納してください。

その他のアイテム

このページでは手荷物についてよくお寄せいただく質問についてお答えします。 こちらでお答えが見つからない場合は、以下のガイドでご確認ください:

持ち込み制限品目リスト(PDF、38kb、英語のみ)

危険物についてのガイド(pdf、70kb、英語のみ)

ご不明な点があれば、ご予約前に弊社までお問い合わせください。