このページに関するご意見

アンケートの質問に対する回答を選択してください。

このページから、お客様がお探しの情報を見つけることができましたか?

左のキャラクター

airbus-380-800

このページに関するご意見

ありがとうございました

ご協力ありがとうございます。

エアバス380-800

Airbus 380-800.

エアバスA380は、ヨーロッパの国際協同会社であるエアバスが製造した、二層、広胴、4発のジェット機です。 世界最大の商用航空機であり、上部デッキが胴体全体に延長されたダブル・デッカーと呼ばれる総2階建て構造です。 大型旅客機としては乗客1人あたりのCO2排出量と1座席あたりの製造コストが最も低く、「環境にやさしい飛行機」であることを売りにしています。 ボーイング747-400に比べてフロア面積が50%広く、ヘッドルームが60%広いにも関わらず、離陸時の騒音はボーイング747-400の半分に相当します。

A380のフレームなどの主要な部分には、軽量ながらも剛性に優れた炭素繊維が多用されています。 機体の構造全体の約25%に炭素繊維強化プラスチックが使用されています。

乗客にとっての利点には以下が含まれます:

  • First、Club World、World Traveller PlusおよびWorld Travellerの4クラスから選択可能
  • 全座席にオーディオ/ビデオ・オンデマンドシステム搭載
  • 静かで広々としたキャビン

ご利用クラスについて詳細を見る

フォトギャラリー

  • 上から見た飛行中のA380-800。
  • 下から見た飛行中のA380-800。
  • 雲の上を飛行するA380-800。

設計仕様

エアバス380-800
保有機数 12
乗客数 469(4クラス)
全長 72.7m(238フィート8インチ)
翼幅 79.8m(261フィート10インチ)
全高 24.1m(79フィート)
エンジン 4× ロールス・ロイス トレント 900
最大速度 945km/h(587mph、マッハ0.89)
航続距離 15,400km(9,500マイル)

シートマップ

エアバス380 - シートマップ詳細。

エアバス380-800のシートマップです:

各キャビンクラスのシートマップです:

ご存知ですか?

  • 離陸中、A380の主翼は上向きに4m以上曲がります。
  • 4400平方メートルあるA380の表面積を覆う3層の塗装の総重量は約500kgあります。
  • A380の主翼は、ボーイング747の主翼に比べて54%大きめです。
  • A380に使用されているワイヤを端から端まで地面に広げると、その長さは320マイル(約515km)に及び、エディンバラからロンドンまでの距離に相当します。

どこへ行きたいですか?

エアバスA380が就航する目的地ガイドを参考にして、次の旅行を計画したり、思い出に残る旅のアイデアを見つけてください。

注:航空機は運航上の理由により異なる場合があります。