スキップしてナビゲーションへ

ニューヨーク

物事の発祥の地であるこの街では、新たなものが生まれ、育まれ、そして世界に広がっていきます。芸術やファッションから、音楽や食べ物まで。ニューヨークは世界のインスピレーションの源です。弊社のニューヨーク行きのフライトをご利用になれば、すぐにでもこの街の探検を始めることができます。

初めて訪れる人にとって、マンハッタンはニューヨークの見所にあふれた、世界で最も忙しくて輝かしい場所に思えるはず。しかし、代表的な観光地を見て、タイムズスクウェアとセントラルパークを制覇したら、今度はマンハッタンのそれほど有名ではない場所にも出かけてみましょう。まずは、魅力的な地区であるグリニッジビレッジやトライベッカを散策してみましょう。ミートパッキング地区のブティックに寄ったり、チェルシーのフリーマーケットを物色したり。それから、素晴らしいジャズクラブとソウルフードの集まるハーレムへ。マンハッタンを出ても、アーティストやミュージシャン、美食家たちにあふれた場所がたくさんあります。ブルックリンには刺激的なレストランやバーがあふれています。とくにウィリアムズバーグのお洒落なポップアップバーは必見です。コニーアイランドの遊園地と遊歩道のカフェでは、大人も童心に帰って大はしゃぎ。ヤンキースタジアムとブロンクス動物園には、毎月数百万人が訪れます。一般的な観光地を離れて、好奇心の赴くままに冒険を楽しんでください。きっと何か新しくておもしろいものが見つかるはずです。

ニューヨークの1月の行事を見る

1月に入ると寒さがぐっと厳しくなりますが、ホリデーはまだまだ終わりではありません。セントラルパークでそりに乗ったり、バーゲンでセールアイテムを入手したり、ブロードウェイ・ウィークを満喫したり、バーゲンとは無縁の豪華なアンティーク・フェアを物色したりと、楽しみは尽きません。心をそそるイベントが盛りだくさんですので、新年の抱負はひとまず忘れて思い切り楽しみましょう。

1月1日~8日
NYコミコンの会場。

1月1日~8日

元旦には、活動内容にぴったりの名前を冠したポーラーベア・クラブが開催する新年寒中水泳大会に参加して、コニーアイランドでひと泳ぎしてみるのはいかがでしょうか。

1月6日の金曜日には、エル・ムセオ・デル・バリオが開催するスリー・キングス・デー・パレード(Three Kings Day Parade)で、ラクダの隊列を観覧しましょう。地元の子供たちが伝統的なキリスト降誕の衣装に身を包み、三賢人の先頭に立って山車や音楽とともに街を行進します。本物のラクダがパレードに登場する可能性も大いにありです。パレードの後は、フリック・コレクションまで足を運ぶことをおすすめします。毎月第1金曜日の夕方の入館料は無料ですので、1月22日にカリフォルニアの美術館に返却される前にバロック絵画の傑作、カニャッチの「Repentant Magdalene」をぜひご鑑賞ください。

1月9日~15日
NYCワイン&フードフェスティバル。

1月9日~15日

セールや戦利品に目のない皆様、1月初旬からバーゲンシーズンに突入です。クローバー・キャニオンやエリザベス・アンド・ジェームス、あるいはニューヨーク出身のデザイナー、マーク・ジェイコブスなどのアメリカの人気ブランドをお探しの場合には、ぜひサックス・フィフス・アベニューに足を運びましょう。

ノー・パンツ・サブウェイ・ライド(ノー・パンツ・デー)は、毎年12月に公表され1月初旬に開催されます。ニューヨーク最大規模の有名なフラッシュ・モブ(ネットでの呼びかけによるイベント)が地下鉄に押し寄せますので、ぜひスーツ&ネクタイにボクサーパンツ姿で通勤する人々を見に行きましょう。写真撮影も大歓迎。誰もが自由に参加できるイベントです。

1月16日~22日
オープンハウス。

1月16日~22日

1月中旬は、ブロードウェイ・ウィーク真っ盛り。人気の劇場にて、2枚分の価格で1枚のチケットを購入することができます。どの作品が対象となるか、ぜひチェックしましょう。中でも、ニュー・アムステルダム劇場で上演中の「アラジン(Aladdin)」は必見です。ディズニーの映画を基に曲やキャストをスケールアップして、より色鮮やかな家族向けのミュージカルに仕上がっています。新年に家族で鑑賞するのにぴったりです。

人工雪も追加されて冬ムード満点のウィンタージャム(Winter Jam)で、雪遊びを満喫しましょう。昨年は寒波により中止になりましたが、今年は1月21日に開催される予定です。そりを手にセントラルパークにお出かけして、スキー教室や雪合戦、マーケットにと、楽しい一日をお過ごしください。

1月23日~29日
ドッグパレード。

1月23日~29日

1月といえばアンティーク・ウィーク、この時期には2週間にわたって5つのショーが開催され、数々の豪華なお宝を目にすることができます。中でも最も高名なのが、パークアベニュー・アーモリーで開催されるウィンター・アンティーク・ショー(The Winter Antiques Show)です。豊かで目の肥えた客とともに、素晴らしい品々をお楽しみください。開催期間は1月22日~29日です。

1月最後の週には、手頃に美食の数々を味わえるレストラン・ウィークをお見逃しなく。半年毎に開催され冬場は1月下旬から2月にかけて(日程未発表)開催されるこのイベントでは、ニューヨークの一流店の料理を割引価格で堪能することができます。昨夏は、ザ・プラザのパームコートや、モダンジャパニーズ・レストランのZumaも参加しました。1月28日には、コペンハーゲンのヒッピー自治区出身のポップグループ、ルーカス・グラハム(Lukas Graham)ハマースタイン・ボールルームで公演を行います。リアルで心に響く、美しい曲の数々をお楽しみください。

1月30日~31日
ハロウィーン・パレード。

1月30日~31日

1月31日には、ニューヨーク・レンジャーズが本拠地マディソン・スクエア・ガーデンで試合を行います。熱狂あふれるスポーツバーやアリーナで、ぜひチームを応援しましょう。同じ夜には、メトロポリタン歌劇場にてカルメンが上演されます。ビゼーの悲劇を、世界最高峰のパフォーマンスでご鑑賞ください。

ニューヨークの2月の行事を見る

2月のニューヨークでは、暖かい服に身を包み、こじんまりした美術館やギャラリーで行われる面白い展示を堪能するのも一興です。ファションでも、ファンクミュージックでも、クラフトビールでも、野生動物でも、ぴったりの旅が見つかります。ニューヨークが恋とロマンスに包まれる14 日のバレンタインデーも見逃せません。

2月1日~7日
Masterworks Unpacking-Fashions

2月1日~7日

メトロポリタン美術館で開催されるMasterworks: Unpacking Fashionsは、2月5日で見納めになります。Costume Instituteの70年に渡る数々の優れたデザインをご堪能ください。18世紀以降の代表的な60 個の作品ご覧になることができるでしょう。

スーパー・ボール・サンデーは2017年2月5日に休日と制定され、多くのバーやクラブでパーティーが開かれます。そのようなパーティーに参加して、ゲームを観戦しながら新しい友達を作ってみてはいかがでしょう。応援するチームは決めなければいけませんが、ハーフタイムショーにはレディーガガが出演すると噂されています。

2月8日~14日
サンセット大通りミュージカル

2月8日~14日

ビリー・ワイルダーの名作『サンセット通り』と同名のミュージカルがブロードウェイに16週間の限定で戻ってきます。グレン・クローズが妄想に取り憑かれた悲劇のヒロイン、ノーマ・デズモンドを演じます。この物語はハリウッドの暗部を見事に描き出します。ショーは2月9日にブロードウェイの殿堂パレス・シアターで開演です。

バレンタインデーはニューヨークにロマンスを運んで来ます。きわどいショーが売り物のFilthy Gorgeous Burlesque Valentines Spectacularをご予約ください。ホットなバーレスクは2月14日Highline Ballroomであなたの胸の鼓動を高鳴らせるでしょう。

2月15日~21日
Red Hot Chili Peppers.

2月15日~21日

カリフォルニア出身のファンクロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ2月15〜18日にThe Getaway Tourを行います。有名なマジソンスクウェアガーデンで懐かしのヒット曲から新譜までを演奏します。お見逃しなく。

また、メトロポリタン美術館で開催のニューヨークのマックス・ベックマン(Max Beckmann in New York)展ではナチスドイツでは退廃的と言う烙印を押され、没収されていたドイツの印象派、マックス・ベックマンの作品をお楽しみいただけます。自らの意思で国を離れた後、ニューヨークに住み着いたころの作品を振り返ります。この展示会は2月20日に終了します。

22-28 February
New York Wild Film Festival

22-28 February

第4回New York Wild Film Festival2月23日〜26日に開催されます。このフェスティバルでは、最近の野生動物の素晴らしいドキュメンタリーと映画が上映されます。自然動物の探査や保護から冒険や環境調査まで、感動をお届けします。

ハッピーなNYC Beer Weekで2月を締めくくるのはいかがですか。このイベントは、2月24日〜3月4日にニューヨークのいたるところで開催されます。ニューヨーク市の5つの区とその周辺で開かれる、クラフトビールを楽しむ10日間からなる特別イベントで、ニューヨークのお気に入りビールを味わいましょう。注がれるビールとお祭りをお楽しみください。

ニューヨークの3月の行事を見る

春の日差しとともに雪解けの季節に入り、日が長くなるにつれ、新たな演劇や展覧会などの催しがこの街にやってきます。3月はウィンタースポーツ・シーズンが終わりを迎える月でもあり、世界最大級のセント・パトリックス・デー・パレードが開催される月でもあります。温かい服に身を包んで、NYCスピリットを大いに楽しみましょう。

1 – 7 March
Art-on-Paper.

1 – 7 March

月の始まりを素晴らしいアートイベントで飾りましょう。今年で3回目となる毎年恒例のアート・オン・ペーパーは、トゥー・ブリッジーズの近くにあるピア36にて開催されます。3月2日~5日、紙から生まれた写真や線画、油絵、果ては彫刻にいたるまで、メディアの壁を越えた作品をご覧いただけます。

ニューヨークへの旅はマディソン・スクウェア・ガーデンを訪れてこそ完成されます。ニューヨーク・レンジャースがモントリオール・カナディアンズと3月4日にアイスホッケーで対決するのをご観戦ください。スポーツだけではなく乱闘も見もの。ビールとホットドッグを片手に、騒々しい夜をお楽しみください。

3月8~14日
Regina-Spektor.

3月8~14日

テネシー・ウィリアムズによる「ガラスの動物園(The Glass Menagerie)」は、20世紀で最も卓越した戯曲のひとつに数えられており、このような傑作にふさわしいのはもちろん、素晴らしい俳優陣です。ベラスコ劇場にて3月9日にオープニングを迎える本作の主演は、アカデミー主演女優賞に2度輝いたサリー・フィールド。売り切れになること必至ですので、ガッカリしないためにも早めにチケットをご予約ください。

ニューアルバム「Remember Us to Life」が米国のみならず大西洋を越えた英国でも大ヒットとなった、独特な作風が持ち味のシンガーソングライター、レジーナ・スペクター。彼女のライブを鑑賞するには、かの有名なラジオシティ・ミュージックホールへ足を運びましょう。ニューヨークのアンチフォーク・シーンを代表するシンガーのライブは、要チェックです。

3月15~21日
Coffee-Tea-Festival.

3月15~21日

米国で最も規模が大きく盛大な聖パトリックの祝日パレードといえば、NYCのセント・パトリックスデー・パレードです。皆さんもぜひこのアイルランドの伝統行事に参加して、緑色に着飾った人々と一緒にをお祝いしましょう。イベントに参加して行進を観覧するには、3月17日5番街へ直行です。

パーティで少し疲れてしまったら、3月18日と19日コーヒー&ティー・フェスティバルNYCを訪れてみてはいかがでしょう。ブルックリン・エキスポ・センターでは、100種類以上の紅茶のテイスティングから、それに相性ぴったりのおいしいケーキにいたるまで、驚くほどバラエティ豊かな味覚がお楽しみいただけます。

3月22~28日
Fidelio.

3月22~28日

3月を通じてニューヨーク植物園ではジ・オーキッド・ショー: タイランド(The Orchid Show: Thailand)が開催されます。今年で15年目を迎えるこのランの祭典では、美しい花々の栽培に最適な豊潤な自然と穏やかな気候に恵まれたタイのランと、同国の多彩な文化にスポットが当てられます。1200種を超える在来種を鑑賞できるこの機会、どうぞお見逃しなく。

3月16日から4月にかけて、メトロポリタン・オペラではベートーヴェン唯一のオペラ作品であるフィデリオが上演されます。歌唱はドイツ語ですが、英語の字幕付き。この自由と勇気の物語では、不正な行為に対する情熱的で勇気を与えるような戦いが繰り広げられます。

3月29~31日
The-Photography-Show.

3月29~31日

ザ・フォトグラフィー・ショーは素晴らしいピア92で行われ、パイオニアから現代のスターにいたるまで、世界最高峰の100つの美術館から借り受けたさまざまな時代の写真が展示されます。この必見のショーは3月30日の週末にかけて開催されます。

最後にご紹介するのは、マディソン・スクウェア・ガーデンにて3月30日に開催される、カレッジスポーツ最大のイベント、すなわちナショナル・インビテーション・トーナメントの決勝戦です。アメリカ中のカレッジの強豪バスケットボールチームが招待を受けてプレイをし、大掛かりに行われる決勝戦でその興奮がピークに達します。将来のMBAの花形選手に、この人気イベントで出会いましょう。

Places発eat around the world行き( in New York )

ニューヨークではどのような料理でも食べられることは周知の事実です。ベーグルやピザのブランチ、ソウルフードなどは、ニューヨークで味わうのに特に最適です。マンハッタンからブルックリンにかけてのエリアでは、ぜひともこれらの食べ物をご堪能ください。

ご利用規約

旅行を計画

旅行を計画
複数都市
旅行タイプ
詳細
航空券の種類詳細
搭乗者「青少年」とは

直接予約してさらにお得な料金でご利用ください

バリュー

隠れた手数料は一切ありません

最初に表示される価格が最終価格です。

詳細を見る

格安フライトの検索および低めのデポジット

予算ツール

格安フライトの検索および低めのデポジット

詳細を見る

サービス

所定の手数料を支払ってフライトを72時間保留する

検索

ブリティッシュ・エアウェイズがお得な理由

British Airwaysの空の旅なら、受賞歴のある上質のサービスをお得な料金でご利用いただけます。隠れた手数料は一切ありません:

  • 出発24時間前の無料座席指定*
  • 23kgの預け入れ荷物許容量(無料)**
  • 空港でのチェックイン、オンラインまたはモバイル・チェックイン
  • ブリティッシュ・エアウェイズ・アプリで、ご旅行の計画を管理

*短距離路線の基本航空運賃を除く。**長距離路線エコノミークラスの許容量。