直接予約してさらにお得な料金でご利用ください

バリュー

隠れた手数料は一切ありません

最初に表示される価格が最終価格です。

シンプル、素早く、モバイル・ブッキング。

シンプル、素早く、モバイル・ブッキング

サービス

所定の手数料を支払ってフライトを72時間保留する

直接予約を行う理由

BAを選ぶ理由

British Airwaysの空の旅なら、受賞歴のある上質のサービスをお得な料金でご利用いただけます。隠れた手数料は一切ありません:

  • 出発24時間前の座席指定(無料)*
  • 23kgの預け入れ荷物許容量(無料)*
  • 空港でのチェックイン、オンラインまたはモバイル・チェックイン
  • 無料の機内お食事サービスおよびバーサービス

*機内持ち込み手荷物のみの運賃を除く

ロンドンを発見

ロンドンのフライト&ホリデーでロンドンの今と昔を体験してください。ロンドン塔を見学しながら英国の歴史を学んだり、ロンドン・アイに乗ってロンドンを一望してください。ロンドンの見所は数え切れない程あります。つまり、ロンドンの楽しみ方は十人十色です。

世界的に有名なランドマーク、有名ブランド品のショッピング、活気溢れるアートコミュニティや劇場文化など、ロンドンでのホリデーの過ごし方は無限大です。ブリティッシュ・エアウェイズのフライトで、颯爽と英国に到着してください。世界各地からロンドンへの定期便が運航されているので、気軽にロンドンにお越しいただけます。

EDF Energy ロンドン・アイ。
ロンドンの見逃せないフェスティバル。

ロンドンの見逃せないフェスティバル

英国の首都ロンドンでは多彩なフェスティバルが数多く開催されるので、お好みのフェスティバルを見つけるは簡単でしょう。多様な文化が入り混じるロンドンでは、きっと何か素晴らしいものに出会えるはずです。今年の夏に開催される「Lovebox」フェスティバルには数々のビッグネームが出演します。7月17日と18日の両日、会場となるヴィクトリア・パークを訪れてスヌープ・ドッグ、ホット・チップ、マーク・ロンソンなどのパフォーマンスをお楽しみください。ダンスミュージックのスーパーファンには見逃せない「South West Four」がクラッパム・コモンで開催されます。8月29日と30日の週末にかけて、伝説のDJベースメント・ジャックスやフェイスレスなど数々のバンドが集まるファンを魅了します。

ロンドン行き最安値フライトを探す

ロンドンの9月の行事を見る

夏の暑さが少しでも和らぐと、9月のロンドンはフェスティバルで盛り上がります。映画、音楽や劇場から、アート祭りや収穫祭まで、ロンドンをお楽しみください。9月いっぱい開催されるトータリー・テムズ・フェスティバルをお見逃しなく。

collapsed表示9月1~6日
Carston Höller:Decision展。

9月1~6日

素晴らしいキュー・ガーデンにて9月6日まで開催されている「Full of Spice」展を楽しめる最後のチャンスです。この素晴らしい展示ではスパイスの歴史と、スパイスの植物としての起源や用途について学ぶことができます。これらの植物や種は私たちの食卓に豊かな色彩や風味を加えるだけでなく、食物を保存する効果を持ち、称賛に価します。

Carston Höller:Decision」と題するカーステン・ヘラーの回顧展が、ロンドンのサウス・バンク地区にあるヘイワード・ギャラリーにて開催されています。9月6日が最終日となるこの回顧展のハイライトは、2006年にテート・モダンのタービン・ホールに設置され、人気を集めた全長15メートルの巨大滑り台「Isomeric Slides」でしょう。人間の知覚と意思決定に問いかけるデザインで、鏡張りの壁や方向感覚を失わせるような工夫が施されています。

collapsed表示9月7~13日
Sensational Butterflies特別展。

9月7~13日

世界の蝶や蛾を集めた特別展「Sensational Butterflies」が自然史博物館にて9月13日まで開催されています。年齢を問わず楽め、自称昆虫学者には見逃せないこの特別展では「完全変態」と遂げる蝶や蛾の一生を辿ります。

この夏、感動の体験となること間違いなしの「BBC’s Proms」が戻ってきます。9月12日まで開催される今回の公演では、「The Proms」および「The Proms in the Park」にて世界中のクラシック音楽を体験することができます。ロイヤル・アルバート・ホールまたはハイド・パークでチケットを購入できます。

collapsed表示9月14~20日
ポートベロー・フィルム・フェスティバル。

9月14~20日

1996年に初めて開催して以来、ポートベロー・フィルム・フェスティバルは寂れた英国映画産業を活性化するために貢献してきました。現在では、新進気鋭の映画監督や映画製作会社の登竜門としての役割を果たしています。独立系長編映画からアバンギャルドの大作まで、9月3日から20日まで多彩な作品が上映されます。

9月いっぱい、テムズ川では第2回「トータリー・テムズ」フェスティバルで賑わいます。ロンドンを流れる有名な川を盛大にお祝いしてください。テムズ・フェスティバルの成功をもとに昨年初めて開催されたイベントは、今年も芸術や音楽、川をテーマにした楽しいアトラクションで盛り上がります。全長42マイル(約68km)の川沿いに、首都全域で開催されます。

collapsed表示9月21~27日
 パーリー・キング&クイーン。

9月21~27日

9月19日から27日まで開催されるロンドン・デザイン・フェスティバルでは、世界屈指のデザイナーやイラストレーターたちが一同に集まります。このフェスティバルの開催は、英国のデザイン産業と先駆的な育成施設のプロモーションを目的としています。ヴィクトリア&アルバート博物館での開幕を皮切りに、市内全域で300以上のイベントが開催されます。

ロンドンに19世紀後半より伝わる一風変わった伝統行事「パーリー・キング&クイーン」は毎年恒例の収穫祭です。今年は、9月27日日曜日ギルドホール(市会議事堂)にて開催されます。地域コミュニティの団結を垣間見ることができる素晴らしい機会です。収益金はすべて地元のチャリティに寄付されます。

collapsed表示9月28~30日
ジェーン・エア。

9月28~30日

シャーロット・ブロンテの長編小説『ジェーン・エア』は過去に何度もミュージカル化されています。国立劇団によるミュージカル作品は特筆に価します。9月17日から10月25日まで、ジェーンの生い立ちから「バイロン的な英雄」当主ロチェスターと恋に落ち、自由を手に入れるまでを描いたミュージカル『ジェーン・エア』リトルトン・シアターにて上演されます。

iTunes Festivalがザ・ラウンドハウスに再来します。実際の開催日は未定ですが、9月いっぱい開催される予定です。過去のイベントではレディー・ガガ、ロバート・プラント、カルヴィン・ハリスなどが登場しています。楽しさ満載のフェスティバルは入場無料です。

ロンドンの10月の行事を見る

グルメから映画、アートからアメリカンフットボールまで、今月ロンドンで開催されるイベントには多彩なラインアップが揃っています。もちろん、10月はハロウィーンを忘れてはなりません。「怖いもの」を特集した博物館の展示から、ジャック・ザ・リッパーのツアーまで、ロンドンでハロウィーン気分を満喫してください。

collapsed表示10月1~7日
ロンドン映画祭。

10月1~7日

ロンドン・レストラン・フェスティバル10月1日から31日まで開催されます。さまざまな食に関連するイベントが開催され、食通にとっては天国でしょう。ロンドンの食文化を祝って、市内にある評判のレストランが一斉に特別メニューを用意します。

一方、映画ファンならBFIロンドン映画祭は見逃せません。10月7日から18日まで10日間開催される映画祭は、キャリー・マリガンとメリル・ストリープが出演する話題作『Suffragette』のヨーロッパプレミア上映とともに開幕します。また、映画祭開催中には、ロンドン市内全域の映画館にて多彩なジャンルにわたる200本以上の映画が上映されます。

collapsed表示10月8~14日
ディーワーリー。

10月8~14日

ヒンドゥー教の新年を祝うディーワーリー祭りがロンドンのトラファルガー広場で開催されます。音楽と踊りで活気溢れるお祝いムードに浸ってください。10月11日に開催される「光のフェスティバル」では、さまざまな子供向けのアクティブティや美味しいアジアン・ベジタリアン料理を楽しむことができます。

緑豊かなリージェンツ・パークで開催されるフリーズ・ロンドンでは、近代美術の素晴らしい作品を鑑賞することができます。10月14日から17日まで、野外展示場にて160以上の国際的に活躍する美術商と画廊が数々の素晴らしい作品を展示します。

collapsed表示10月15~21日
チョコレートショー。

10月15~21日

第二次世界大戦中に活躍した最も重要な女性戦場写真リー・ミラーの写真展「Lee Miller:A Woman’s War」が帝国戦争博物館にて開催されます。戦中の様子を伝えるミラーの印象的な写真とともに、彼女の生涯を綴る貴重な遺品が今回初めて一般公開されています。同展示は2015年10月15日から2016年4月24日まで実施しています。

チョコレート好きにはたまらないザ・チョコレート・ショーオリンピア・ナショナル・ホールにて10月16日から18日まで開催されます。世界中からチョコレート職人(ショコラティエ)や一流シェフ、カカオ料理人が一堂に集まるザ・チョコレート・ショーのプログラムにはチョコレートでできた服のファッションショーまであります。

collapsed表示10月22~28日
NFLロンドン。

10月22~28日

英国が誇る有能なケネス・ブラナーが演出・出演を務める舞台『Harlequinade(ハーレクネイド )』が、彼が主宰する劇団の公演シーズンの一環としてギャリック劇場にて公演されます。『Harlequinade』は、シェイクスピアの舞台『冬物語』と『ロミオとジュリエット』の上演を試みるとある劇団の舞台裏を描いたコミカルな劇中劇です。2015年10月24日から2016年1月13日まで公演予定です。ご予約はお早めに!

NFLが大西洋をわたってロンドンのウェンブリー・アリーナにやってきます。アドレナリン溢れるアメリカンフットボールのアクションをお楽しみください。NFLロンドンでは3試合が予定されており、10月25日にはバッファロー・ビルズとジャクソンビル・ジャガーズが対戦します。

collapsed表示10月29~31日
博物館。

10月29~31日

夜間にベンジャミン・フランクリン邸を見学して、家の地下から見つかった「クレイヴン・ストリートの骨」と呼ばれる10人の白骨化した遺体の真相に迫ってください。10月30日のハロウィーンに相応しい奇怪な体験になるはずです。

あるいは、ジャック・ザ・リッパー・ハロウィーンツアー10月31日に予約して、思い出に残るハロウィーンの夜を体験してください。シャーロック・ホームズとジョン・ワトソン博士に扮装したガイドが案内するツアーは、ジャック・ザ・リッパー・ゴーストウォークからスタートします。ツアーには3コース料理のキャンドルライトディナーをはじめ交霊会などが含まれており、ハロウィーン気分を盛り上げてくれます。

ロンドンの11月の行事を見る

ガイ・フォークスの功績を称えてロンドンの秋の夜空を花火が彩り、数日後にロード・メイヤーズ・ショーの一環で花火大会が開催されると、ホリデーシーズンの到来を告げる冬季限定のアイススケート場やサンタの小屋が市内のあちこちに設置されます。戦争で亡くなった戦没者を追悼する日「リメンバランス・サンデー」には、赤いポピーの花がロンドンを埋め尽くします。

collapsed表示11月1~6日
ロンドン・ブライトン・ベテラン・カー・ラン。

11月1~6日

11月1日には、500台以上の1905年以前に生産されたヴィンテージカーが参加するボナムズ・ロンドン・トゥ・ブライトン・ヴェテランカー・ランが開催されます。当日午前6時から8時30分までにヴィンテージカー愛好家たちが続々とハイド・パークを出発し、南海岸に向かって60マイル(約96km)の美しいルートを走ります。早朝のスタートが苦手なら、10月31日に開催されるリージェント・ストリート・モーターショーがお勧めです。100台以上のクラシックカーが展示され、間近に見ることができます。

11月1日から8日まで、ウィンター・ファインアート&アンティークフェアが開催され、約125の出展者と20万人を超える観客が集まります。今年で開催25年周年を迎える毎年恒例のイベントは、掘り出し物を探す骨董品収集家やウィンドウショッピングを楽しむ一般客で賑わいます。

collapsed表示11月7~13日
ロンドンの戦没者追悼記。

11月7~13日

リメンバランス・サンデーを記念して、11月8日にはホワイトホールでセノタフ・パレードが開催されます。戦死者を追悼する追悼パレードは、ホワイトホールとパーラメント・ストリートに沿って午前8時に開始します。

ロード・メイヤーズ・ショー11月14日午前11時から午後2時30分まで開催されます。バンクとアルドウィッチの間の約3.5マイル(6.5km)に沿ってスポットを確保して、マーチングバンド、フロートやアクロバットが通過するパレードをお楽しみください。あるいは、午後5時から始まるロード・メイヤーズ・ファイヤーワークスをお楽しみください。

collapsed表示11月14~20日
ロンドン・ジャズ・フェスティバル。

11月14~20日

世界最高のジャズ・フェスティバルとして定評があるEFGロンドン・ジャズ・フェスティバルは、11月22日に開催されます。ロイヤル・フェスティバル・ホール.からロンドン・バービカンまで、ロンドン全域に点在する素晴らしいロケーションでワールドクラスのアーティストや新鋭スターの生演奏で楽しめる絶好の機会です。

バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナルO2アリーナ11月22日まで開催されます。是非チケットを予約して観戦してください。シーズン最後のタイトルをかけて世界のトップ選手たちが争う素晴らしい試合を観戦できるまたとないチャンスです。

collapsed表示11月21~27日
ウィンターワンダーランド。

11月21~27日

入場無料のハイド・パークのウィンターワンダーランドは、11月21日から2016年1月3日までお楽しみいただけます。ホリデー気分に浸ってください。バイエルン地方の特産品が並ぶマーケットでは、クリスマスギフトを探したり、モルドワインを飲んで温まったり、グランドホールではブラートヴルストをお楽しみください。あるいは、マジカル・アイス・キングダムまたはサンタランドなど人気のアトラクションを含むチケットを予約してください。

絵本作家レイモンド・ブリッグズの心温まる絵本『スノーマン』の美しい雪世界を再現したミュージカルがピーコック・シアターにて11月25日から2016年1月3日まで上演されます。是非チケットを購入して素晴らしい絵本の世界を体験してください。4歳以上のお子様にも十分楽しんでもらえ、歌と踊りだけでなく素晴らしい照明効果で名作『スノーマン』の物語を伝えます。

collapsed表示11月28~30日
クリスマス・アット・キュー。

11月28~30日

11月27日から3日間、フーディーズ・フェスティバル・クリスマスオールド・トルーマン・ビール蒸留所にやってきます。ホリデーをテーマにした食の祭典では、グルメ食品を買いあさったり、チーズ村のサンプルを試食したり、仮設ビアガーデンでクラフトビールをお楽しみください。一流シェフによる実演料理もあり、料理好きには最適のイベントです。食べ物だけでなく、他にも様々な方法でホリデー気分に浸ることができます。

11月25日から2016年1月2日まで、クリスマス・アット・キューが開催されます。 美しい植物園を舞台に、ロンドンで最も見事なクリスマスのディスプレイが展開されます。日没後の冬の小道は、魔法の世界に変貌します。植物園の敷地内にある1マイル(約1.6km)の曲がりくねった小道に沿って、ライトアップされた噴水、水面に映る幻想的な光、芳香が漂うファイヤーガーデンを体験してください。

ロンドンのエリア

セント・パンクラス駅

ブルームズベリー&セント・パンクラス

ブルームズベリーは、数世紀にわたって数多くの作家や自由主義者を魅了してきました。セント・パンクラスには大英博物館、大英図書館、チャールズ・ディケンズ博物館があります。ユーロスターの始発駅であるセント・パンクラス駅は、ロンドン全域とヨーロッパを結ぶ主要ターミナル駅のひとつです。

オックスフォード・ストリートにあるセルフリッジズ

マーブル・アーチ&オックスフォード・ストリート

セルフリッジズやリバティなどの名門百貨店が、お洒落なハイストリート・ショップや高級ブランド店と共存しています。ショッピングから一息ついて、有名な推理小説の主人公シャーロック・ホームスのベイカー・ストリートを訪れてみてください。

バッキンガム宮殿前のザ・モール

ヴィクトリア&ウェストミンスター

英国王室、行政機関、象徴的なランドマークが集まるロンドンの中心部エリザベス女王の公邸であるバッキンガム宮殿、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンの結婚式会場に選ばれたウェストミンスター寺院を訪れてください。

ロンドンのカラフルな住宅

パディントン&ノッティング・ヒル

パディントンはロンドンでも緑豊かな界隈として有名で、広大な王立公園ハイド・パークと緑に囲まれたお洒落な高級住宅地ノッティング・ヒルに隣接しています。毎週末にポートベロー・ロードで開かれる蚤の市が有名で、アンティークや古本のショッピングが目玉です。

ロンドン自然史博物館

ケンジントン&アールズ・コート

ロンドンの最も美しい地域のひとつは、歴史と芸術に彩られています。美しいジョージアン様式とエドワーディアン様式の建物。ロンドン自然史博物館、サイエンス・ミュージアム、ヴィクトリア&アルバート博物館を見学してください。

ロンドンの天気

ロンドンでのホリデーに備えて、出発前に現地の天気を確認する

旬平均気温°C/°F
  • 1月
  • 2月
  • 10°3月
  • 13°4月
  • 17°5月
  • 20°6月
  • 22°7月
  • 21°8月
  • 19°9月
  • 14°10月
  • 10°11月
  • 12月
月平均降水量(mm)
  • 54
  • 40
  • 37
  • 37
  • 46
  • 45
  • 57
  • 59
  • 49
  • 57
  • 64
  • 48
日間平均日照時間(時間)
  • 1
  • 2
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 6
  • 6
  • 5
  • 3
  • 2
  • 1

London: An insiders guide

Saska portrait.

London: An insiders guide

Author and resident Saska Graville unearths off-the-radar places to eat, sleep and shop.

Read the full article here

ご利用規約