スキップしてナビゲーションへ

ロンドンのストリート。

ロンドンでこれまで
見たことのないものを発見

ロンドンは世界で最も訪問者の多い都市のひとつです。ロンドンにはあらゆる文化や料理、歴史的建造物があることを考慮すれば、この都市に多くの人々が訪れるのも不思議ではありません。芸術と創造に満ちたこの街は、常に新たな発見をもたらすための志と革新を追求し続けています。

ロンドンのスカイラインからは、この街の歴史と現代の両面を見ることができます。ビッグベンがウェストミンスター地区に堂々とそびえ立つ一方、シャードがタワーブリッジにその影を投じています。レンズの焦点を合わせると、さまざまなビレッジをもつロンドンという都市の姿が見えてきます。多彩なアイディアと信念をもつ人が世界中から集まるこの街は、光と音楽にあふれるメルティングポット。ケンジントン地区の壮麗な邸宅や、ブリクストンのポップアップ・バー、広大で美しい緑地など、ロンドンにはあらゆるものが存在します。世界各国からのロンドン行きフライトで、この素晴らしい都市でのご自身のホリデーにふさわしいものをご発見ください。

ロンドンの9月の行事を見る

秋の訪れですが、冬眠をするにはまだ早い季節。ロンドンではあなたにインスピレーションを与える素晴らしい屋外イベントがまだまだ催されます。テムズ河の堤防で行われるフェスティバルからフラワーショー、公園で開催されるBBCプロムスにいたるまで、夏の気分が9月でも味わえます。

9月1日~7日
ポートベロー・フィルム・フェスティバル。

9月1日~7日

映画ファンなら、9月1日~16日に開催される、英国最大の独立系映画コンペティション、ポートベロー映画祭が見逃せません。このプログレッシブな映画祭は、才能あふれる新しい独立系映画製作者にプラットフォームを提供し、多彩なカテゴリーの作品を公開します。さらに素晴らしいのが無料だという点。開催場所はノッティング・ヒルのウェストボーン・スタジオズです。

また、9月の間ずっとトータリー・テムズがロンドンを象徴するこの川を称えます。水をテーマとするさまざまなお楽しみをご期待ください。昨年のフェスティバルでは水辺でのアートフェスティバルやウォーキング、講演、ボートクルーズ、ウォータースポーツなどが催され、200万人以上が訪れました。

9月8日~14日
ロンドン・フラワー・ショー。

9月8日~14日

世界中のガーデニング専門家とファンが集うロンドン・フラワー・ショーで、花で作られた数えきれないほどのディスプレイをご鑑賞ください。開催期間は9月8日~11日です。美しいショーガーデンを散策し、インスタレーションを愛で、ライブ・エンターテイメントをお楽しみください。そのすべてがロンドン西部のオスタリー公園の敷地内で行われます。

そして、ユニオン・ジャックのはためく音楽の祭典、プロムス・イン・ザ・パーク9月10日(土)に開催されます。ピクニックの支度をして、緑の生い茂るハイド・パークにて素晴らしい屋外コンサートをお楽しみください。ウェスト・エンドで大成功を収めているミュージカル「マチルダ」のキャストも特別パフォーマンスを行います。

9月15日~21日
グレート・ゴリラ・ラン。

9月15日~21日

グレート・ゴリラ・ランでは、テレビでおなじみのビル・オディーと、ゴリラに扮した数百人のランナーたちがロンドンの街路を埋め尽くします。開催日は9月17日(土)。ロンドンの街を代表するさまざまなランドマークの前を駆け抜ける人たちに声援を送ってください。忘れられない見ものになることでしょう。

グローバル・デザインの最前線をひた走るロンドンを称えるべく、ザ・ロンドン・デザイン・フェスティバルが催されます。目を見張るようなインスタレーションが数百点もロンドンにお目見え。開催期間は9月17日~25日です。トラファルガー広場が賑やかなゴルフコースに変身するなど、今年のフェスティバルではさまざまな刺激的な計画が立てられています。

9月22日~30日
ロンドン・ファッション・ウィーク。

9月22日~30日

ファッション好きの方は9月22日~25日の予定を空けておきましょう。この期間、ロンドン・ファッション・ウィークエンドがロンドンのキャットウォークで催されます。人気のファッションショーの座席や一流デザイナーによる講演、デザイナーブランドのバーゲンをお楽しみになりたいなら、お早めにチケットのご予約を。

あるいは典型的なロンドンのテイストを味わいたいなら、9月25日(日)ギルドホールに出かけて、パーリー・キング&クイーン・ハーベスト・フェスティバルをお楽しみください。この昔ながらのイベントでは、ロンドンのパーリーの王族たちが最高級のボタンをつけた装飾品を身につけ、エンターテイメントを提供し、その後にセント・メアリ・ル・ボウ教会へ向けてパレードを行います。

ロンドンの10月の行事を見る

10月のロンドンでは、夏の名残も影をひそめ徐々に日が短くなっていきますが、季節の移り目とともに新たな展示やショーやコンサートが開催され秋の到来を歓迎してくれます。クラシック音楽や洗練された芸術から、スキーやヨガまで、ロンドンの10月はエキサイティングなイベントが盛りだくさんです。

10月1日~7日
カクテルウィーク。

10月1日~7日

10月の到来を告げるのは、イタリア人クロスオーバー・テノール歌手、アンドレア・ボチェッリO2アリーナにやって来ます。10月1日、その美しく魅惑的な声を聴いて驚かれることでしょう。決して見逃せないこのイベントでは、ラブソングや有名映画のサウンドトラックなどを楽しむことができます。ミュージカル『キャッツ』でウェスト・エンドでのデビューを果たしたニコール・シャージンガーも出演するため、このショーは」盛り上がること必至です。

10月3日~9日にかけては、イーストエンドの話題のお店、スピタルフィールズ・マーケットで開催されるロンドン・カクテル・ウィーク(London Cocktail Week)に参加することをお忘れなく。250軒以上のバーがマーケット内に出店し、わずか£5(リストバンドを購入済の場合)でシグネチャーカクテルを味わえるほか、絶品のストリートフードやバンドの演奏も楽しむことができます。

10月8日~14日
ケーキ・アンド・ベイク。

10月8日~14日

美味しいケーキと飲み物を乞うご期待。10月7日9日の週末には、ExCelロンドンにザ・グレート・ブリティッシュ・ベイク・オフ(The Great British Bake Off=GBBO)のチームがやってきます。ザ・ケーキ・アンド・ベイク・ショー(The Cake and Bake Show)にゲストとして登場するGBBOチームと過去の番組参加者たちは、ライブでお菓子作りの腕前を披露してくれる予定です。頬っぺたが落ちそうなケーキや絶品の焼き菓子が盛りだくさんのこのイベントでは、夢のような週末を過ごせること間違いありません。

映画の方がより興味を引かれるという方は、10月5日16日の間にBFIサウスバンクまで足を延ばし、毎年恒例の映画祭、第60回BFIロンドン映画祭に参加しましょう。映画スターが続々と登場するこのイベントは、ワールドプレミア上映を鑑賞したり、出演者を間近に見たりと、きらびやかな1週間を過ごす絶好の機会です。

10月15日~21日
GBロンドン。

10月15日~21日

10月6日から2月まで、パブロ・ピカソの信じがたいほどの才能にナショナル・ポートレート・ギャラリーで触れることができます。幼少期の写実的な絵画から後年のウルトラ・キュービズムのユーモラスな風刺画にいたるまで、このピカソズ・ポートレーツでは世界で最も有名な画家による大規模なコレクションがお楽しみいただけます。

ジョージ・オーウェルの反ユートピア的な悪夢、1984の演劇版をプレイハウス劇場でご覧になるラスト・チャンス。上演期間が延長されていたこの公演は10月29日に幕を下ろします。オーウェルによる暗い未来の描いたこの作品は演劇として素晴らしい解釈がなされており、これまでになく監視が強まっているこの世界においてとてもリアルに感じられます。気をつけて。ビックブラザーが見ていますよ。

10月22日~28日
ピーター・パン・ゴーズ・ウロング。

10月22日~28日

幅広い層からの高い評価を受け、抱腹絶倒の「ピーター・パン・ゴーズ・ウロング(Peter Pan Goes Wrong)」が、クリスマスをまたくホリデーシーズンにアポロ・シアターにやってきます。公演期間は10月20日から1月です。アクシデントや議論や飛行に関するトラブルなど次から次へと問題が発生するこの作品は、ジェームス・マシュー・バリーによる名作を笑いの止まらない喜劇へと一新。とはいえ、この作品はパントマイムではありませんのでご注意ください。

10月21日~23日に開催のオーム・ヨガ・ショー・ロンドン(Om Yoga Show London)では、ロンドンでヨガを習う多くのヨギたちがアレクサンドラ・パレスに集結することでしょう。ヨーロッパ最大のヨガ・ショーであるこのイベントでは、無料のクラスやワークショップ、ヨガグッズの販売など魅力的な企画が盛りだくさん。数千人のヨギたちが戦士のポーズを取る圧巻の風景も、目にすることができることでしょう。

10月29日~31日
コミコン・ロンドン。

10月29日~31日

コミックファンとコスプレファンの祭典、第28回MCMコミコン・ロンドン(年2回開催)が、ドックランズのExCelロンドンで開催されます。10月28日30日の週末には、人気のコミック作家やアーティスト、映画界やテレビ界のセレブを目にしようと、多くのファンたちが詰めかけること必至です。さらに、コスプレ・仮装コンテストでは、非常に精巧なディテールで再現された驚異的なコスチュームの数々を目にすることができるでしょう。

同じ週末には、ザ・テレグラフ・スキー・アンド・スノーボード・ショー(The Telegraph Ski and Snowboard Show)バタシーパークをスキー場へと変えます。ロンドン最大のこのスキー&スノーボード・イベントの開催期間は、10月27日~30日です。最新の用具を物色したり、エキサイティングな実演や音楽を楽しんだり。冬の到来が待ちきれなくなること、間違いありません。

ロンドンの11月の行事を見る

ガイ・フォークスの功績を称えてロンドンの秋の夜空を花火が彩り、数日後にロード・メイヤーズ・ショーの一環で花火大会が開催されると、ホリデーシーズンの到来を告げる冬季限定のアイススケート場やサンタの小屋が市内のあちこちに設置されます。 戦争で亡くなった戦没者を追悼する日「リメンバランス・サンデー」には、赤いポピーの花がロンドンを埋め尽くします。

11月1日~7日
The-Regent-Street-Motor-Show.

11月1日~7日

11月5日には、ガイ・フォークスによる有名な事件を起源とするガイ・フォークス・ナイト恒例の花火がロンドンを照らします。ロンドン中のいたるところで花火が打ち上げられるため、ボンファイアー・ナイト特有の美しい光景と聞き慣れた音から逃れるのは至難なほど。11月7日には、ぜひ毎年開催のバタシーパークの花火大会に足を運び、「ロイヤル・ナイト・アウト(Royal Night Out)」がテーマの花火をお楽しみください。

11月6日には、今年で120年目を迎えるボナムズ・ロンドン・トゥ・ブライトン・ヴェテランカー・ラン(Bonhams London To Brighton Veteran Car Run)が開催され、1905年以前に生産されたおよそ400台ものヴィンテージカーが参加します。当日午前7時から午前8時30分の間にヴィンテージカー愛好家たちが続々とハイド・パークを出発。南海岸に向かって60マイル(約96km)の美しいルートを走ります。早朝のスタートが苦手なら、11月5日に開催されるリージェント・ストリート・モーターショー(The Regent Street Motor Show)がおすすめです。300台以上のクラシックカーが展示され、間近に見ることができます。リージェント・ストリートのオックスフォード・サーカス - ピカデリー・サーカス間は通行止めになりますので、お気を付けください。

11月8日~14日
LON-REMEMBERANCE-centotaph09.

11月8日~14日

ロード・メイヤーズ・ショー(The Lord Mayor's Show)11月12日の午前1111時から午後22時3030分まで開催されます。バンクとアルドウィッチの間の約3.5マイル(6.5km)に場所を確保しましょう。マーチングバンド、フロートやアクロバットの行進をご覧いただけます。あるいは、午後5時から始まるロード・メイヤーズ・ファイヤーワークスをお楽しみください。

戦没者追悼記念日(Remembrance Sunday)にあたる11月13日には、午前11時から2分間の黙とうが捧げられ、その後戦没者を追悼するための花輪が献花されます。セノタフ・パレードはホワイトホールを出発してパーラメント・スクエアへ向かい、騎馬隊によるパレードで締めくくられます。

11月15日~21日
LON-Hyde-Park-Winter-Wonderland.

11月15日~21日

今年で10年目を迎える、ホリデー気分満載のハイド・パークのウィンターワンダーランド(Hyde Park Winter Wonderland)は、11月18日2017年1月2日に開催されます。バイエルン地方の特産品が並ぶマーケットでクリスマスギフトを探したり、ホットワインを飲んで温まったり。グランドホールではブラートヴルストを食べることができるほか、場内に設置された英国最大の屋外スケートリンクではスケートを楽しむこともできます。2016年度のマジカル・アイス・キングダムやサンタランドなど、人気アトラクションを楽しむためには、チケットのご予約をお忘れなく。

11月19日~2017年1月29日には、ワーナーブラザーズ・スタジオ・ツアー・ロンドンでホグワーツ・イン・ザ・スノウ(Hogwarts in the Snow)が開催されます。ホリデームード満載に模様替えされたハリー・ポッター・スタジオツアーでは、グレートホールにもクリスマスのご馳走が並び、いつまでも記憶に残る演出が随所に施されています。クリスマスシーンの撮影中であるかのように飾りつけされたセットや、炎や雪や氷の特殊効果についての撮影秘話など、他にも楽しみどころは満載です。がっかりしないためにも、今すぐご予約を。

11月22日~28日
LON-Christmas-at-Kew.

11月22日~28日

レイモンド・ブリッグズ作の美しい挿絵の入った絵本に魅力的な解釈を施したザ・スノーマン(The Snowman)ピーコック・シアターにて11月23日2017年1月1日まで上演されます。是非チケットを入手してお楽しみください。4歳以上のお子様にも最適なこのミュージカルでは、歌と踊り、素晴らしい照明効果で名作『スノーマン』の物語を伝えます。

11月23日から2017年1月2日までまで開催されるクリスマス・アット・キュー(Christmas at Kew)では、普段から美しい植物園が、ロンドン屈指の魅惑的な見学スポットに変身。水の上を踊るカラフルなレーザービームで光り輝く1マイル(約1.6km)の小道を進み、ライトアップされた噴水や、水面に映る幻想的な光、芳香が漂うファイヤーガーデンをお楽しみください。サンタとクリスマスエルフたちは、ビンテージの乗り物やクリスマスギフト、伝統的なクリスマスのご馳走と一緒に、ノースポール・ビレッジで皆さんをお待ちしています。

11月29日~30日
LON-Dreamgirls.

11月29日~30日

グルジア出身のシンガーソングライター、ケイティ・メルアが、グルジアの23人の女性コーラスグループ「ゴリ」と一緒に11月27日シアター・ロイヤル・ドルリー・レーンで歌います。1回限りのこのコンサートでは、今後発表されるプロジェクトに含まれる新たな楽曲ならびに発表済みの6枚のアルバムから選曲されたクラシックソングを、コーラスによるオーケストラとともに送ります。

あるいは、劇やミュージカルに興味をお持ちの場合には、劇場へ足を運び、11月開幕の作品を鑑賞するのもよいでしょう。トニー賞受賞のミュージカル、「ドリームガールズ(Dreamgirls)」は、サヴォイ劇場にてウェスト・エンド初の公演を開始します。また、ヤング・ヴィクでは、1930年代の大ヒット作、「ワンス・イン・ア・ライフ・タイム(Once in a Lifetime)」が短期公演として復活します。

ロンドン周辺ガイド

ロンドンの旅の計画で最も重要なことのひとつは、ホテル選びです。ロンドンは様々なビレッジから成っており、どこに宿泊するかにより異なる趣のシティブレイクを体験することができます。弊社がお勧めするロンドンのホテルは、ロンドンの幅広いエリアを網羅しています。エンターテイメントを楽しみたい場合には、ウェスト・エンドが一番のお勧めです。英国王室ゆかりのウェストミンスターは、政治の中心地でもあります。あるいは、タワーブリッジ近辺に宿泊して、典型的なロンドンと「シティライフ」の両方を味わうのもよいでしょう。

Bloomsbury & St Pancras
セント・パンクラス駅

ブルームズベリー&セント・パンクラス

ブルームズベリーは、数世紀にわたって多くの作家や自由主義者を魅了してきました。通りにはヴィクトリア様式の建築物が並び、美しい庭園のある広場が独特なヴィレッジの雰囲気を生み出しています。このエリアで最も人気の3つ星ホテルは、ロイヤル・ナショナル(Royal National)です。ベーシックながら快適で素晴らしい立地条件にあり、理想的なホテルです。または4つ星のダブルツリー・バイ・ヒルトン・ロンドン・ウェスト・エンド(Doubletree by Hilton London West End)はいかがでしょう。スタイリッシュで現代的なホテルで、ラッセル・スクウェアからすぐの美しいエドワード様式の地区にあります。キングス・クロス・セント・パンクラスは最近再開発が行われたエリアのひとつで、エキサイティングな場所です。ここには大英博物館や大英図書館、そしてあまり知られていませんが素晴らしい内容のチャールズ・ディケンズ博物館もあります。交通の便に非常に恵まれており、ロンドン市内はもちろん、英国内の各地へのアクセスも便利。ロンドンと、パリやブリュッセルなどのヨーロッパ大陸の都市をつなぐユーロスターもここから発着します。

ロンドン: インサイダーガイド

Saska portrait.
ロンドン: インサイダーガイド

ロンドン在住の作家、サスカ・グラビル氏が、穴場のレストラン、ホテル、ショップを発掘。

Read the full article here

ご利用規約

どこへ行きたいですか?

旅行を計画

複数都市

旅行タイプ

詳細
航空券の種類詳細

直接予約してさらにお得な料金でご利用ください

バリュー
隠れた手数料は一切ありません

最初に表示される価格が最終価格です。

詳細を見る
格安フライトの検索および低めのデポジット
予算ツール

格安フライトの検索および低めのデポジット

詳細を見る
サービス
所定の手数料を支払ってフライトを72時間保留する

検索

ブリティッシュ・エアウェイズがお得な理由

British Airwaysの空の旅なら、受賞歴のある上質のサービスをお得な料金でご利用いただけます。隠れた手数料は一切ありません:

  • 出発24時間前の無料座席指定*
  • 23kgの預け入れ荷物許容量(無料)*
  • 空港でのチェックイン、オンラインまたはモバイル・チェックイン
  • 無料の機内お食事サービスおよびバーサービス

*機内持ち込み手荷物のみの運賃を除く